『チャングム』第二十四話  受容と悟り

老獪な悪徳女官や    ←悪事に年季が入ってる
その後ろ盾になっている
悪徳商人たちは

悪事がバレそうで
窮地に追い込まれた状況で
【怒り】狂ってますがメラメラ

手先の若い女官はまだ
そういう状況に慣れていませんから

安易な【否認】をして
【怒り】に油を注ぐようなことを
言っては
叱られてますガーン

「思い過ごしでは…」と
口では言っても
顔は引きつってます。   ←無意識です。
見事な否認です。

「~ですから
確かです」と
いい加減な安心感を提供しようとして
「この世に確かなことなどない!」とパンチ!
一蹴されたり…しょぼん

キューブラー・ロスの
死の過程は     ←不治の病の宣告をどう受容するか

受け入れがたい現状を前にした場合にも
結構あてはまります。   ←【死と再生】が基本ですから

最初は【否認】
次に【怒り】
【取引き】や【うつ状態】を経て
【受容】に至ります。

【受容】は【悟り】くらい
むつかしいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です