観応精神病としてのPTSDが広辞苑にある

広辞苑に
【感応精神病】ってのが
ありました。
 ―学会中に
  【感応道交】の【どう】の漢字を
  思い出せなくて
  やっと辞書が引けたのです。
  道みたいな大事な言葉を失念するとは
  【否認】が入ってましたね…汗
  
 
知能の低い人や            ←発達障害誤診
暗示にかかり易い人が         ←ヒステリー
精神病者・精神病質者の異常な     ←分裂病と分裂気質は別
                       (BY クレッチマー)
言動や狂信・幻覚などに     ←PTSDでも妄想・幻覚がある
感応して
これと同様な精神状態に陥る病症。
一種の心因反応。        ←カルテに書かれた人もいますネ
続きに
【観応電流】         ←流行ってるそうですネ
次に
【観応道交】             
  ―教える人と教えられる人
  意識と無意識が
  融合すること
昭和の古びた広辞苑の方が
(CDーROM版もあるけど)
最先端の医学雑誌の上行ってますね。
進化なんか
むしろ要らないのですニコニコ

0 thoughts on “観応精神病としてのPTSDが広辞苑にある

  1. sakura

    SECRET: 0
    PASS:
    久しぶりにお邪魔します。
    そういえば、易経下経の最初が“咸”です。
    “心”なしの“咸”っていうのが象徴的なような気がします。
    “無意識の感応”なんでしょうか。

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >sakuraさん
    【亨(とお)る】とか、【自分を空しくして人を受け容れることにつとめる】とか、書いてありますね。
    もっと読まねば…
    いつも、ありがとうございます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です