15年前死亡の63歳逮捕とPTSD否認社会の未来

家庭裁判所で失踪宣告を受け
戸籍上死亡扱いの男が

警視庁に逮捕されていたことが
わかりました。

家族からの請求を受けて
通常7年で
死亡成立するそうです。

この容疑者の場合は
「10年前から
カプセルホテルを転々としながら
およそ200件の盗みを繰り返した。
家族には迷惑がかかるから
連絡しなかった」との
ことですが

幼児虐待件数が
過去最高を記録し

何の対策も打たないなら
これからも
更新し続けるでしょうから

PTSDは確実に増えます。

そして
蒸発という名の
【解離性遁走】や
【記憶喪失】が増えるでしょう。

戸籍制度も
あいまいになりますね。

まあ世間的には
虐待の増加と
蒸発者の増加は
何の関係もないのでしょうがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です