体重とストレスについてPTSD理論抜きのザル研究

ストレスと体重の増加、関連性は低い=英研究
 [ニューヨーク 1日 ロイター] ストレスは体重増加につながると広く信じられているが、実際には密接……….≪続きを読む≫

ストレスがあれば

意識がそれを否認しても
食行動に変化が出ます。

食べ過ぎるか。
食べられなくなるか。

二つの方向に分かれるから

$PTSD研究家翠雨の日記

ただ両者を足すだけでは
プラスマイナスゼロになりますね。

マイナス一億と
プラス一億足せば
ゼロですね。

過食嘔吐もありますしね。  ←凄い陰陽ですね。

二元論で表面的な計算するから
結果が妙になるのです。

加えて
★どういうものがストレスなのか
★ストレスを感じている人を
 どう峻別するのか
   ―まさか口頭質問じゃないでしょうね?

★幼児虐待なら
 物心ついた頃に既に
 摂食障害の基本ができてます。
 サンプルから除外すべきですが
 「該当者の方?」と聞かれても困ります。
 自覚ない人も多いし…
  
ストレスとはなにか
無意識との関係
つまりは
PTSDについて知識のない研究には

妙なものが多いです。
でも業績になります。
昇格します。

こんなブログ書いてるのは
落ちこぼれです…あせる

講義で
摂食障害に話題を変えた瞬間

どれだけ
教室の空気が変わるか。

凄く熱心になりますよ。

それだけ身近で
大事な問題なのです。

性格の悪さや
どうしようもないことと
棚上げされてるからこそ
(ストレスとは無関係のあつかい)

PTSDとしての説明に驚くのです。
(やっぱり?という反応です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です