夜回り先生が指摘する集団ヒステリーとしてのレイブ

須磨海岸の
レイブで

6人の若者が
薬物使用や所持により
逮捕されましたが

夜回り先生として知られる
水谷修さんは

「夏の海や
ライブといった
開放的な状況に
多くの人が集まり

『みんなでやれば
怖くない』という心理が     ←集団ヒステリー
働くのだろう。

ドラッグが
『かっこいい文化』として    ←勘違いが起こりやすい 
若者の中に入り込んできている」と

警鐘を鳴らします。

依存症になる人は
もともと
心の闇を抱えた人たちです。

心の闇は目には見えませんが
持っている人は
簡単に仲間を嗅ぎわける能力が
あります。

群集のなかで
出会えた奇跡
(確率的にはアップするから
あたりまえですが)
快い音楽がマントラになり

一線を簡単に超えてしまいます。

この人たちにとっては
これは立派な
宗教的儀式です。

PTSDに対する
こころのケアもなく

サザンの桑田さんは休養するし叫び

消去法で生まれた
犯罪でしょう。

よくないことであることには
間違いありません。

しかし
彼らにはそういう仕方なさが
あったのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です