夏目雅子さんのASD

朝日新聞夕刊でみつけた。

$PTSD研究家翠雨の日記

夏目雅子さんは
急性骨髄性白血病になった。
当時は不治の病だった。  
 ―だから
  キューブラー・ロスの研究がある。

初の座長公演が大盛況のなか
明日が中日という日に

重度の貧血だからと   ←女性にはあまり告知しなかった
ドクターストップがかかった。

彼女は
「死んでやる」と叫び
低いうなり声をあげ
病室の窓から飛び降りようとし

兄と夫が二人で
必死に止めたという。

男性が二人ですよ。

死への思いと
絶望って
どれだけ凄いのかと
思いました。

そして
パニックとか
発作とか言うけれども

みんなこのように
理由があるのだから

それは病理じゃなくて
人間として当たり前の
怒りの表現なのではないかと
思いました。

夏目雅子さんのASD」への0件のフィードバック

  1. てぃあ

    SECRET: 0
    PASS:
    絶対に理由はあります。

    わたしはわたし以外の人にも理由があると信じています。

    それを信じてあげられないのなら

    こころを病んだ人の命なんて扱う資格など無い。

    今日のわたしはそう強く思えます。

    返信
  2. えまちゃん

    SECRET: 0
    PASS:
    死んでやる!

    感情の表現が出来たことは 救いでしたね。

    いちばん忘れてはいけないのは 言外の意を
    気づいてあげることだと思います。

    返信
  3. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >てぃあさん
    簡単に先天的な精神障害とする人たちとPTSDと考える人たちの違いは、結局こういうことなんだなぁと、認識が深まりました。教科書に明記しなきゃいけない時代になりました。

    返信
  4. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >えまちゃんさん
    表現できる環境が大事ですよね。そして表現の意味を理解しようとする姿勢が大事ですよね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です