アル中認知症爺さん精神科医を諭す

アルコール依存を治療しようとする
病院もまあまああります。
 
すべてが3分診療では
ありません。

でもやり方が
指導や
行動療法の域を出てないんですね。

それは
アルコール依存の原因を
脳の【飲酒量をコントロールする場所】が  ←どこですか?
壊れていることにみているからですひらめき電球

百歩譲って
それでもいいから
なぜ
壊れてるのか考えたら
いいのにね。

しかも脳が壊れてるなら
言い聞かせても仕方がないはずですが
指導したら直ると
信じてるんです。  ←否認?

指導として
★家に今現在あるお酒はすべて捨てる
★買わない
★もらわない
★お客さんにも
酒を出せない事情をきちんと話す。 ←否認の言い訳防止

この4点を
徹底するように説明したうえで

質問します。

「○○さんは、退院したらどうしますか?」 
<酒を飲まんようにする> 

「お客さんが『酒ないんか?』って怒ったら
どうしますか?」 
<買いに行くしかないなぁ>
『ギャフン!』

これは
半分認知症になっているからだそうです。

若くても
こういう人いるけどな…   ←普通じゃないですよ!

圧巻はクラッカー

ひょろひょろ立ち上がり
逐語メモした記録を見下ろしつつ…

先生参考にして!!>

爺さん!
なかなかやるではないか… 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です