朝日新聞は真光教だったのか?

私の心理学も最初は
行動療法でしたが

大学4年生で
卒論のための実験中に
嫌気が差しまして

 ―同級生を飴玉でつりながら
  頭に電極張って     ←旧式のはシャンプー大変ドクロ
  しょうもない実験に付き合ってもらう。
  
  素朴に浮かび上がる気持ちを
  お互いに抑圧しながらの
  実験遂行ですからね。  ←実験教ドクロ

無意識の研究に入ったのです。

本日の
朝日新聞の科学のページには

うつ病・統合失調症
薬物依存やパーキンソン病を
光で治す可能性について
特集してますドキドキ

どうせ
それらの病因は謎だらけなんだから
何したって許されるでしょみたいな

感じがぬぐえませんね。

そういうつもりだったのかと
ようやく気づきましたひらめき電球

そういう方々は
PTSDがよくわからないから
 
一度
うつ病や統合失調症だということにして
薬漬けにして
薬物依存にしてから
堂々と
光でやっつけようとしているのですね。

パーキンソンなんかも
まず便秘を治して
予防することでしょ。

長年
全身の血液に毒を巡回させて
神経組織を壊してから
光さまに操られる人生には
悲哀を感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です