スピッツ オフィシャルサイトのPTSD理解度はパーフェクト

「草野が倒れてしまいました」から
始まる公式サイトの
公演中止に関するコメントですが
最初に
★診断の結果は
「急性ストレス障害」
 明確にし
 ―17日の受診で
  こう診断するのは
  当たり前のようで
  なかなか大した医者です。
以下のような
PTSD理論のポイントを抑えて
解説しながら
理解を求めています合格
★約3週間の療養が必要
 ―ほぼDSMに則ってますね。
  
 診断より早い回復の可能性も
 0%ではないことから
 療養の状況を見守ってきたけれど
 4月3日からのツアーは無理であると
 メンバーが判断したようです。
 
 まかせっきり
 病院サティアンみたな関係が多い中
  ―治らなくても
  殺されても
  文句を言わず
  従う。
 お手本になる
 精神科の罹り方です。
★大震災の地震体験が原因 
★急性ストレス障害は一過性のもの
 一定の時間が経てば
 必ずと言ってよい確率で回復するし
 草野さんも確実にその回復過程にあると
 書いています。
順調にいけば
4月13日NHKホールから復帰できそうと
考えているようです。
急性ストレス障害かPTSDか
理論上は
ここで決まりますね。
 ―もう少し
 柔軟に考えても
 よいような気がしますが。
スマートで
温かいメンバーに理解されながら
療養中です。
すべての
急性ストレス傷害が
このように守られたら
どんなにいいかと思いますニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です