斉明天皇の牽牛子塚古墳と愛子さま

$PTSD研究家翠雨の日記

牽牛子(けんごし)塚古墳の見学会に
集まった考古学ファンです。

奈良県明日香村にある

天智・天武両天皇の母
斉明(皇極)天皇の墓です。

皇極は太極
 ―「皇は大、極は中なり」

$PTSD研究家翠雨の日記

斉明は
『星経』の
「王有徳至天則斗斉明
(王に徳あれば北斗七星の光が明るく
国が昌え)」

地球上には
皇帝しかいません。

しかし日本の天皇は
天の皇帝なので

スケールがデカイ!

象徴も【太極】と【北斗七星】です。

改新後の一時期
難波に遷都しましたが
孝徳天皇の死を境に
斉明天皇とともに
飛鳥に戻りました。
 ―「ネズミが大和に向かって ←ネズミは混沌=太極
   去った(孝徳紀)」

そして女性天皇ですよ。

中国には不在ですが     ←陰陽の原理に忠実
日本には数名おられます。  ←陰陽を進化させるのが日本文化

愛子さまが天皇になられても
少しも問題ないのです。

今は
古事記的苦難の時代かも   ←トラウマティックな書
しれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です