裁判官を泣かせた虐待親

小学5年の長男(11)を
木刀で殴って
全治2週間のけがをさせ
傷害罪に問われた
無職の父親(34)と同居の母親(36)に
判決を言い渡す際
自ら子育て中で
7日の前回公判では
涙ながらに被告に質問した
香川礼子裁判官は

判決理由で
「9時間半にわたって
無抵抗の長男を暴行し
執拗で悪質」と
指摘しました。
ひどい親も増えていますが
理解を示す人も
増えています。
裁判官にこのような方
頼もしいです。
本当は
当たり前だと思うのですが
DV法にしろ
動き出さねば
気づかず
当たり前のものに
なってゆかないのが
現実なのです。
子どもの犠牲が
社会を動かしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です