お騒がせドイツ行き航空機のテロ対策訓練だったそうです。

17日

ナミビアからミュンヘンに向かう
飛行機で
爆発物が見つかったと書きましたが

ドイツの内相が

実は
爆発物ではなく
警備体制をチェックするための
仕掛けだったと表明しました。

米国製らしいです。
 ―米国警報装置会社も
  実験したかった?

空港は警備強化され
緊張状態になるし

こうして
国際的に発信されてしまうのだから

なんかヘンですが

そうせざるをえないくらい
テロ対策が
緊急性を帯び
切羽つまったものになっていると
いうことかもしれませんね。

やっぱり警戒は必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です