『借りぐらしのアリエッティ』PTSDの二次被害

堅実に生きていた場所に
ある日突然
別世界がねじ込まれるのは
【ストレスフル】な状況です。
間違った箱庭療法の
暴挙として
私は主張していますし
 ―箱庭療法自体は素晴らしい
  治療法です。
震災や水害などの
天災時
DVによる人災時の
具体的な支援の場に     
 ―限りなく天災に近いですが。
  こころが無意識に乗っ取られて
  いますから…叫び
起こりがちな
間違いと
考えてもいいでしょう。
ショックが【一時被害】
このようなものを
【二次被害】と言います。
一時被害は
なんとかなることが
多いのです。
しかし
二次被害が起こると
致命的なものに      ←PTSD予備軍
なります。
絶望が深まるからです。
PTSD研究家翠雨の日記
PTSD研究家翠雨の日記
怯えるクライエントさんを
こんな風に
観察するのは
心理学ではありません。
 ―心理学は
  科学であって
  科学でないのです。
  主観客観の双方から
  もっとダイナミックな
  視点から
  考察するものだからです。
$PTSD研究家翠雨の日記
陰陽つなぐのは
ラポール
(橋を架ける)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です