悠仁さまに似たかわいい発達障害誤診(PTSD予防中)児の箱庭療法

WIN_20151018_09_07_36_Pro

左の方は

仙台で買った

ミニチュアです。

今日は

日曜日ですが

遠方から

やってきてくれました。

かわいい小学生なのに

発達障害と誤診され

コンサータを飲まされたそうです。

原因は

母子ともよくわかっており

苦しんでいました。

誤診するような専門家には

話さないものだから

そういう専門家には

一生わからないのでしょう。

悠仁さまを発達障害と疑っている人も

検索すると

このブログに当たるみたいです。

⁇って感じなんでしょうね。

2 thoughts on “悠仁さまに似たかわいい発達障害誤診(PTSD予防中)児の箱庭療法

  1. franoma

    アングロサクソンとの確執を背景に
    「発達障害」ラベリングをして進められる
    (社会的)構造的暴力が問題なので、こちらにコメントすることにしました。

    「暴力はPTSD症状ですから、その治癒は、暴力を振るう人物本人が己れのPTSDに対処して倫理が守れるようにする( http://amba.to/1bCvuBQ )だけのことで あり、他の方法はありません。誰かが “dignity” で他の構成メンバーを制圧するのは「教育」とは呼べません。だから第一次安倍内閣による教育基本法の骨抜き( http://bit.ly/1ZVoSGb )が子どもからも批判されるのです」と
    翠雨先生のブログにも最近、コメント
    http://bit.ly/22gJoCR
    しました。

    我が家の場合は、息子は正常ですが、
    オヤジが
    「カオナシ」( http://bit.ly/20nPQGP
    =加害者型PTSD( http://bit.ly/1RAvSY8 )金太郎飴( http://bit.ly/1VeDyB8 )なのに、
    精神機能が障害したオヤジに
    ヨーロッパ中世のような家長として “dignity” を持たせて
    “family” の他の構成メンバーを制圧させようとする
    頭がオカシイ西洋白人&名誉白人たちが
    「明日ぺは人の気持が判らない天才」とか妄想に絡め取られていたため
    話が変になったでしょう。

    その妄想の出所は、アングロサクソン( http://bit.ly/25aduKb )です。
    最近でも、私に、
    「妄想」と「空想」の差が判っていないような
    日本語能力が低いと疑われる人がツイッターでコメントしてきましたので、
    https://twitter.com/franoma/status/733660242035118080
    「#妄想」「#デマ」は “Die Gedanken sind frei” に言う “Die Gedanken” ではありませんが、「#空想」は “Die Gedanken” に属します。
    https://youtu.be/cHuSktaQRuE
    via @YouTube
    11:06 PM – 20 May 2016
    と昨日、ツイートしました。そういえば、
    この文脈での “Die Gedanken” は、
    kmomoji1010先生のブログに出てくる “pensée” でした。
    「思考としたのは、それがアクションとしてのpensée を訳すのにもっとも一般的でニュートラルな日本語だと考えてのこと」
    http://bit.ly/1s4miDj コメント欄参照 )

    「発達障害」ラベリングも含め、
    何らかのラベリングによって
    アイデンティティの「でっち上げ」をやること
    =強い資格(©kyupin http://bit.ly/27JiuYm )を「ゲット」すること
    =思い込みと勘違いで武装すること
    です。それは要するに、アリスパパ( http://ameblo.jp/sting-n/entry-12159438392.html )氏がお書きの
    「人に用意されたレールに必死にしがみ付く」ことに他ならず、
    どんどん「頭が不自由」になる生き方ですね。

    翠雨先生のブログにも、コメント
    http://bit.ly/25adBFE
    しました。

    http://bit.ly/3Weapons of the British Empire are apt to rust.
    http://youtu.be/R-XPu0MxT_o
    ですね、以前、ブログ記事
    http://ameblo.jp/aya-quae/entry-11925549491.html
    を書きました。

    トルーマン・ドクトリンのスタートは
    米国5月22日、
    日本5月23日であり、
    pāx britannica から pāx americāna にスイッチした記念日です。
    http://ejje.weblio.jp/content/pax
    Pax Americana · Pax Assyriaca · Pax Britannica · Pax Europaea; Pax Germanica; Pax Hispanica; Pax Mongolica; Pax Ottomana; Pax Praetoriana; Pax Romana …

    記念日反応でしょうと昨日、
    翠雨先生のブログ記事にコメント
    http://bit.ly/1WJqqVK
    を書きました。

    「精神科医や心理職は、専門性が低すぎますので、もっと勉強なさるようにお願いする次第」( http://bit.ly/1U6MeEi )と私は失礼ながら常々思っており、
    S先生も
    「同業者と思いたくもないが情けなくなる」そうです。今さっき
    https://twitter.com/franoma/status/734502961896771584
    『 #精神科医 の #PTSD否認 の #最後の砦 ・ #発達障害 に
    つき合わなかった #デパス ・ #ソラナックス #離脱 者』
    http://amba.to/22kScI7
    #アメブロ @ameba_official さんから
    「#同業者 と思いたくもないが情けなくなる」
    6:55 AM – 23 May 2016
    …とツイートしておきました。

    idthatidさまについて
    「同業者と思いたくもないが情けなくなる」心理職は、
    翠雨先生だけではないでしょう。

    pāx britannica から pāx americāna へ
    そして今、 pāx americāna
    =「米国なる強国=俺さまによる押しつけ…
    =他者を制圧して成立させる平和」が
    終焉する時代を全人類が経験しつつあるわけです。

    コメント No.1
    コメントタイトル:
    幸せ
    コメント内容:
    「米国が世界の警察官としての力が、落ちてきたからこそ、『日本も相当の責任を負担せよ』ということでの[集団的自衛権]」ですね。orz
    “pāx americāna” の終焉
    http://touyoui.blog98.fc2.com/blog-entry-198.html#comment3968
    に注意するようにと性別によらず子どもたちと共に話してきました。
    『国境を越えて』
    http://amba.to/1jV6Gb1
    いわゆる[後家の頑張り](© 宮本百合子)は幸せではありません。

    来る年のご多幸をお祈りします。
    あ* 2014-12-16 18:51:13
    …と以前、皆さまが可愛いと仰るほうのモモちゃんのブログ記事
    http://ameblo.jp/momocat1010/entry-11965148435.html#c12650612145
    にコメントしました。
    註)
    http://ameblo.jp/momocat1010/ ←かわいいほうのモモちゃん
    http://ameblo.jp/kmomoji1010/ ←かわいいと言ってもらえないほうのモモちゃん
    アメブロは「かわいい」ことが最高価値らしいので、
    http://blog.goo.ne.jp/kmomoji1010
    にお引越しなさったのかも知れませんね。何か、お気の毒で(?)男女平等の観点から(?)
    「生きるものは、皆かわゆす。 (franoma)」
    http://bit.ly/1sx1Omi
    と昨日、書いておいてあげました。枯れ木も山の賑わい。

    『昆虫の哲学』という本があり、邦訳のほか原著も発注
    http://bit.ly/1Rivqsj
    今、到着を待っております。私も
    idthatidさまが「カオナシ」状態から「ゴキブリ」状態に悪化した
    http://bit.ly/1Tt5jBh )などの表現を使っておりますので。

    http://blog.goo.ne.jp/kmomoji1010/e/b8a23aefea63fb90e1811547c268748d
    「〈自然〉は、己の内に不定形なものとして無尽蔵に含まれている潜在性に、高次化する個体化過程を通じて、ある一定の仕方で限定された種々の構造と機能を与え、その結果として形成された互いに異なる個体群間に多様な相互媒介性を生成し続ける過程そのものだとシモンドンは言いたいのではないか、というのが私のさしあたりの解釈である」そうです。
    「無為自然」から遠ざかる方向に我意を通す
    アイデンティティの「でっち上げ」は
    バカバカしいのでやめましょう…
    ということですね。
    http://bit.ly/1U6MZgJ
    以下のコメントで
    翠雨先生とやり取りしていただきました。

    idthatidさまは、「ゴキブリ」状態に悪化中ですが、
    翠雨先生をジョイスの小説に出てくる婆さんに「でっち上げ」たい、
    生まれつきの「発達障害」を「でっち上げ」たい、
    ご自分用には「スクールカウンセラー」「心理職」アイデンティティを「でっち上げ」たい…でも、現実には「心理職」アイデンティティは立ち上がっていませんね、
    それどころか「カオナシ」状態が「ゴキブリ」状態に悪化中です。
    本当のことを言いすぎると身も蓋もないことですね。
    しかし、サイバーストーカーを含め、
    暴力はPTSD症状ですから、その治癒は、暴力を振るう人物本人が己れのPTSDに対処して倫理が守れるようにする( http://amba.to/1bCvuBQ )だけのことで あり、他の方法はありませんので、仕方ありません。

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      時にこうして振り返りながらまとめて書き込んでいただけることもありがたいことです。

      Idthatidはあんなブログをそのままにしていること自体が恥ずかしいことですね。
      あの人はもう終わってますからしかたがないですが、職場や家族がなぜ止めてあげないのか不思議です。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です