被災地のこころのケアに宮沢賢治ブーム

被災地以外でも
宮沢賢治を読む人が
増えているようです。
どうしようもない
哀しみを支えるものとして
集合的無意識が
自然に選択しています。
 ―講義でも
  実感しています。
抗精神病薬は
抑圧したり
考える力を破壊したり
しますからね。
上から目線で
指示されたくないし
不安を煽られたくもない。
自分のこころで
静かに考えるには
賢治が最高かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です