芥川・直木賞もテーマはPTSDでジブリの架空と一緒

芥川賞の
一人(39)は
幼い頃父と死別してから
人付き合いが苦手で
高卒後ニート状態
アルバイトさえしたことがないそうです。
PTSDを昇華させるために
書く事が
仕事になったようですね。
内容は
昭和の17歳の視点からみた
暴力の問題ですから
『コクリコ坂から』と
ダブりますね。
親子の依存関係を
『共喰い』と表現しています。
 ―機能不全家族は流行中ですね。
もう一人(39)は
東大大学院卒
「着想を捕まえる
虫取り網」を軸に
時空も登場人物も
変化しながら
ズレていく
奇想天外な小説を書きました。
 ―PTSDは記憶障害ですから
 (認知の歪みから
 記憶がおかしくなっている)
『崖の上のポニョ』には
そういう救われのなさを
こころのなかの
観音さまが
救うというフセンがありましたが
$PTSD研究家翠雨の日記誰でも救うセルフイメージ
$PTSD研究家翠雨の日記自分を投げ出す人を救う
その自然治癒力が
作動するには
原理があります。
 ―治り方は
 いろいろではありません。
PTSD研究家翠雨の日記
PTSD研究家翠雨の日記底が一太極二陰陽
それは
例えて言えば
虫みたいなものです。
 ―虫が好かないというような時の
 虫です。
 手塚治虫の虫です。
直木賞受賞者(60)は
切腹を
偶然免れた武士と
濡れ衣で
切腹させられた藩士の物語ですから
【陰陽】ですね。
 ―PTSDは陰陽の病です。
ユング派は
これでも
「架空」を馬鹿にし
脱線しつづける気かな?
10年前は
ジブリ作品を作品分析してたのにね。

芥川・直木賞もテーマはPTSDでジブリの架空と一緒」への2件のフィードバック

  1. あ*=franoma

    自然治癒に向かう道からのズレがあるとき、歴史的身体にも不調が現れる…ということで、こちらに書きます。

    承認されるか不明ですが、
    https://ameblo.jp/riririnpochikun/entry-12361215551.html
    にコメントしました。

    コメントタイトル:
    排泄障害

    コメント内容:
    「森友学園を多くの政治家や著名人が訪れて、
    教育方針に賛同し、講演を行い、宣伝までしていたことが問題となりました」か、当然のことでしたかね。何となれば、幼稚園児にさえ排泄障害を出したそうだからです。

    何をスローガンに掲げているか?…など、表面的な観察ではない現象学を進めねばダメです。

    https://bit.ly/rehabilitare
    でも排泄障害が治ります。

    どうも、お邪魔しました。
    __コメント内容おわり__

    リブログ元記事でも、安倍夫人の問題が書かれていますが、その観察も表面的に過ぎると思いました。

    ところで、香山リカ立教大学教授は、
    ツイッターアイコンのイメチェン&
    眼鏡なし髪は束ねて白衣をお召しになり私は医師免許あるもんアピールで…
    「身体疾患を見逃さない精神科医を目指して精神科外来しつつ総合診療科でも修行中」と
    自己紹介が変わりました。総合診療科なら、くぷ先生と同じですね、お元気かなあ。
     野口整体の人は整体師であって医師免許は無関係に歴史的身体を含めた全人的な観察をしていますよね。「身体疾患を見逃さない精神科医」という表現が虚しい…。転換症状を身体医は身体疾患と思い込み、失敗することがあるけれど、普通の患者さんは転換症状だなと思っても香山リカ先生のところには行きませんよ。だって、PTSDを治せないことがバレていますからね。

    返信
    1. 翠雨

      今、首相のお腹はどうなっているのでしょうね。
      そう言えば、幼稚園では、トイレ虐待をし、精神的に追い込んだのでした。
      国民に「私は嘘つきであります」と軍隊式に言って、お手本を示さねばなりません。

      リカちゃん先生みたいに、イメチェンしても3度めはないですよね。
      この政権下に滑り込ませた、公認心理師資格も、問われるべきでしょう。

      脅迫され続けた、くぷ先生が安心して復帰される日が待ち遠しいです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です