「水俣訴訟で賠償命令」PTSD予防が不徹底なフクシマの未来

胎児・小児期に
メチル水銀による被害を受けたとして
水俣病未認定患者でつくる
「水俣病被害者互助会」の会員8人が
国と熊本県
原因企業チッソに
総額2億1200万円の損害賠償を求めた訴訟で
国などに賠償の支払いを
命じた
判決が出ました。
汚染された魚介類の摂取などで
メチル水銀にさらされ
特有の感覚障害のほか
頭痛やめまいなどがあるそうですが
被告側は
「症状は他の病気に起因するもので
水俣病とは言えない」と
反論していました。
嫌がる子どもを泣かせてまで
放射能汚染された
食べ物を強制する教師が
いるそうですが
 ―無知と洗脳から
 児童虐待

本邦ユング派は
訴訟になったとき
御用学者として
活躍するつもりかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です