投稿者「翠雨」のアーカイブ

相鉄本線の西横浜駅でPTSD解離自殺

9:12頃

西横浜駅で発生した

人身事故の影響で

相鉄本線は

横浜~二俣川駅間の運転を見合わせ

総武線にも影響が出ているようですね。

自殺はPTSDによるものですが

「PTSD予防」の画像検索結果

学校には

見てるだけのスクールカウンセラーしかいないので

夜回り先生も疲弊してしまいまいました。

子どもたちの死因第一は

自殺という

ホラーのような国です。

蚊にも学習効果がありPTSDにならない?

Yahoo!ニュースによれば

蚊でも

叩こうとした人の匂いを学習し

死にそうになった体験と

加害者である人間

(攻撃をしかけたのは自分ですが)を

結びつけて覚える。

「学習理論」の画像検索結果

避けるのだそうです。

覚えているのは

一日程度かもしれませんが

その記憶は

強力な虫よけスプレーと同等の意味がある。

「蚊は

刺されるのを防ぐのがうまい人と

そうでない人を学習できます。

もしその仕組みがわかって

逆手にとることができれば

もっと効率よく蚊を追い払えるようになるでしょう」

いじめっ子と同じですね。

「煽り運転」の画像検索結果

大人のいじめっ子(犯罪者)も

感覚的にターゲットを探していたと

指摘されています。

そして

蚊は

単純思考なので

トラウマにならず

トラウマを克服しようとも思わないから

長期的には

薬品に対する耐性はつくから

集合的無意識のようなものはありそうだけど

PTSDにはなりそうにないのかな。

「蚊」の画像検索結果

狂った蚊は見たことがない。

ジャニーズは安談プロレス型ストーカー被害に屈せずPTSD予防教育

ジャニーズ事務所の人気グループ

「Hey!Say!JUMP」のメンバー

中島裕翔(26)さんにつきまとって

逮捕された

20代会社員の女は

ファンの中でも

度が過ぎた行動

(PTSD解離行動)をしてしまう

「ヤラカシ」と呼ばれる悪質なファンとして

特に有名で

マネジャーが何度注意しても

まったく聞き入れる様子もなく

警察を呼ばれ

注意も受けていましたが

本人は何も悪びれる様子もなく

むしろマネジャーに対して

携帯の動画を回しながらふざけたり

言い争いをするのが日常茶飯事だったそうです。

安談プロレスのストーカーと一緒ですね。

「PTSD安談プロレ...」の画像検索結果

「PTSD安談プロレ...」の画像検索結果

本日は

アメブロ公式ハッシュタグランキング

プロレス部門で38位🎉

45886投稿もあるのに凄すぎる💦

ジャニーズ事務所は

「ストーカー行為などによる

社会生活における精神的不安は

仕事に多大な影響を及ぼすため

これからも所属タレントが安心して

良い仕事ができる環境整備に努めてまいります。

そのためにも

今後も同様の事案が発生した際には

厳正に対処してまいりたいと思います」

芸能界も時代を映す鏡ですが

学校などでは

いじめっ子に加担して

隠ぺいに走るので

夜回り先生もギブアップ

若い人の死因第一が自殺という地獄

正しく毅然とした態度で

表現活動を守ろうとするところは

会社の鏡と言えますね。

『天気の子』PTSD治療は焦らずに自然に(タオ)

現在大ヒット公開中の

新海誠監督による

劇場アニメ

『天気の子』は

公開34日目で

興行収入100億円を突破したそうです。

 

天気を操作することを

ビジネスにしたことで

人柱となり

消えてしまった女の子のお話のようで

予告映像では

「世界のかたちを決定的にかえてしまった」

できることはまだあるか」というキャッチコピーが

強調されています。

ユング心理学が流行し始めた頃によく読まれた

ゲド戦記とか

「影との闘い」の画像検索結果

魔法は

時間をかけて学ぶべきなのに

禁をおかして

(誰でもできるがしないだけのことをして

一瞬は万能感に浸り自我肥大を起こす)

影を呼び出してしまい

その連鎖で

長い長い物語が始まる。

 ユングが

共時性を説明するときに

好んで使うお話のような

こころを無(タオ)にすることで

(何もしない)

自然に雨を降らせた

シャーマンのような男の話

「瞑想で宇宙とつ...」の画像検索結果

こころの世界の秘密に関する

(ミクロコスモスとマクロコスモス)

イメージがテーマかなと感じました。

「公認心理師」の画像検索結果

こんなちっぽけな連携じゃないんです。

子どもを売るような仕事をして

幸せですか?

想いも波動ですから

正しく整えれば

行動が変わり

運命が変わります。

病気も治るでしょう。

しかし

解離して

禁じ手を使うと

いろんな意味で依存症にさせる

心理ビジネスや薬害

闇の世界が広がって

あとあと危険ですね。

何でもネット検索する癖というのも

取り上げられていますが

夜回り先生の嘆きや疲弊も

安易に答えを求めず

じっくり本を読んでほしいと書かれています。

そういうことではないかと思いました。

いじめ問題は隠ぺいして線路丸投げか少年院送致のPTSD学校現場

先月

埼玉県所沢市で

同級生(13)の胸腹部を包丁で刺し

殺害したとして

殺人の非行内容で送致された

男子生徒(14)について

さいたま家裁は

第1種少年院送致とする

保護処分を決定しました。

「被害者は

少年に対し嫌がらせをしていたとはいえ

改める機会を与えられることもなく

突如として将来ある生命を奪われた」

「年齢相応の

社会性と社会適応スキルを身につけさせることが

再非行防止のために不可欠」なのだそうです。

学校現場が

精神的に未熟な子どもを

殺人に追い込んだ

(保護し事件を予防できた)のではなく

加害者に

発達の遅れがあるという視座ですね。

スクールカウンセラーも

こどもを心療内科送りにするだけで

PTSD予防や治療をせず

隠ぺいしてしまう構造です。

文科省は

学校の隠ぺい体質に気づき

当事者から直接話を聴くことにしたそうです。

スクールカウンセラー制度の廃止も

まもなくでしょう。

「夜回り先生」なかいきあかちゃん(PTSD解離自殺)予備軍に疲弊しサヨウナラ

「夜回り先生」が

教育者の水谷修先生

公式サイトを閉鎖するそうです。

「例年になく

相談件数が非常に増えています。

特に

中学生や高校生の女子からの相談が増えています。

どれも

『死にたい』と死を語るものです。

多くは

学校でのいじめや

家庭での親の無関心

虐待が原因です」

「なかいきあかち...」の画像検索結果「公認心理師」の画像検索結果

本来は

親(まま)や

専門家(先生・カウンセリング)の仕事ですよね。

おかしな構造になっています。

専門家はなぜ仕事をしないのでしょうか?

恐怖のあおり運転を生み出した遺伝のようなPTSD解離性怒り体質の作られ方

前記事ですが

容疑者の知人の証言が得られました。

「暴行する様子をガラケーで撮影したり

逮捕の時には

捜査員に

“何すんのよ!”と食ってかかる“

年上恋人の姿をニュースで見ていたら

「きもとなつこ」の画像検索結果

(容疑者)の母親のことを思い出したわ。

近所でも有名なクレーマーやったで!」

「(容疑者の)母親は

近所でも恐れられていました。

“給湯器の音がうるさいから風呂に入るな!”って

怒鳴り込んでくるんやから。

ごく普通の生活音の範囲なのに。

なかには『静かにしろ』と書いた

チラシを玄関に何回も貼られた家もあった。

スーパーに行けばトラブルを起こして

パトカーで帰ってくることもしょっちゅう。

自転車を猛スピードで飛ばす人で

ぶつかると“お前が悪いんや!”と凄まれたり」

怒り体質が

「安談PTSD 逆上」の画像検索結果

子どもに遺伝のように

心的感染し

外に見せる恐怖と

身内への甘やかしで

行動療法的に条件づけられてきた。

「ノックアウトマ...」の画像検索結果

似たような伴侶を選ぶようになるのは

不思議なことです。

「伝染るんです」の画像検索結果

わかり方を間違えると

「ADHDわかって」の画像検索結果

甘やかすのか

なぜ乱暴なのか考えて治療的に接するのか

ダメってことですね。

あおり男(43)の奇行は母親死亡PTSDから

茨城県守谷市の

常磐自動車道で起きた

あおり運転殴打事件で

「宮崎文雄煽り運...」の画像検索結果

逮捕された

大阪市の会社役員(43)は

昨年の冬に

母を亡くしたそうです。

近所の人によれば

「それまでは普通にあいさつをしていた。

母親を亡くし

落ち込んでいる様子はなかったが

次第に雰囲気が変わっていった」とのことですから

母親を亡くして

しっかり喪に服することができず

PTSD予防の不徹底

今年初めに

共犯の女性(51)と交際するようになってから

「奇行」や「変装」が目立つようになったそうです。

心理的には

母親の代わりだったのかもしれないですね。

「宮崎文雄子供時...」の画像検索結果

どこまでも自分を肯定してくれるような

歪んだ母親像を生きられる人物との出会いは

奇跡的で

それゆえに

ここまで暴走してしまったのではないかと思われます。

幼少期の母子関係とか

PTSD予防は大事です。

忘れたらいけん 広島土砂災害のPTSD予防と薬害と

広島土砂災害から

「忘れたらいけん...」の画像検索結果

5年になるそうです。

「忘れたらいけん」

その通りです。

一番大事なことです。

「広島土砂災害PT...」の画像検索結果

眠れない小学生に

クスリを盛るのが

専門家による

親切ごかしと

美談にしてしまう朝日新聞

どれだけダメかという話も

忘れてはいけません。