カテゴリー別アーカイブ: でっちあげ【認知症】

歩道橋に乗り上げた高齢ドライバーも認知症ではなくPTSD解離暴走

16日午後4時すぎ

那覇市にある

歩道橋に

70代男性運転の軽自動車が進入

立ち往生し

 

歩道橋の一部が

一時立ち入り禁止となったそうです。

けが人はなく

車体を若干こすった

単独の物損事故として対応されるそうですが

なぜこうなったか調べるそうです。

 

 

人生の集大成について考える

哲学的に重要な時期なので

「エリクソン」の画像検索結果

 

立ち往生も1つの自己表現なのでしょう。

赤い車ですしね。

 

警察官が運転して

車を脱出させ(事後処理)

事情を訊くというのも

最近のスタイルです。

 

 

誰も話を聞いてくれず

薬ばかり増やされるので

通り魔になった女性もいました。

 

77歳でも42歳女性宅にPTSD解離ストーカーで逮捕ならば認知症ではない。

知人女性(42)宅に押し掛けた

安城市の無職の男(77)が

逮捕されました。

 

交友を断られたのに

電話で面会を要求

女性宅に押し掛けたりして

着物の受け取りや面会を断られると

「怒らせたらどうなるか分からんぞ」と

伝えたそうです。

 

ストーカーに年齢はないですね。

 

 

現実は

こんな著書を遥かに超え

オカルトレベルです。

 

 

昭恵夫人は認知症なのか成所作智なのかPTSD解離性健忘症なのか

稲田防衛相に続いて

「稲田朋美防衛相...」の画像検索結果

 

森友学園の籠池理事長から

100万円もらっても

100万円を受け取ったと言われても

「全く覚えていない」という

昭恵夫人 ですが

「昭恵夫人」の画像検索結果

 

よいお話だと思ったら

すぐに8000万円を動かすことができるようですから

(by 日本モッタイナイ学会)

 

なーんにも考えておられないだけかもしれませんね。

【解離】と言います。

 

なーんにも考えておられなくても

それが正しい行いならば

(昨夜

沢山の人が笑った

あの映像が消されているということは

まずいのでしょう)

 

成所作智と言って

が高きから低きに流れる如く

(水の誤記でした💦)

 

無意識のうちに行われる

仏さまのような行動なのですが。

 

「コクリコ坂から...」の画像検索結果

 

『コクリコ坂から』にも

こんなのありましたね。

 

追記:アメブロのコメント欄で

2個所間違いを指摘していただきましたので

訂正させていただきました。

 

「認知症を治す薬」は存在しなくて( Yahoo!ニュース)断食で治るようならPTSD

今月14日

アメリカの大手製薬会社メルクは

アルツハイマー病の治療効果があると

期待されていた薬剤の開発を

 

 

相次ぐ開発失敗により

一部中断しました。

 

断食で治るようなのは

 

 

PTSDなんですよ✨

 

なので

心身に不調を起こすと

 

 

とりあえずビール🍺くらいの感覚で

とりあえず拒食になる人が多いのです。

 

でも断食は難しいので

そんな人達のために

心理療法が生まれたんですよ。

 

知ってました⁉

 

東武野田線で男性(63)が遺書を書いて飛び込み死亡はPTSD解離自殺

昨日

午前5時5分ごろ

春日部市の

東武野田線

藤の牛島―南桜井間の踏切で

無職男性(63)が

走行中の普通列車に向かって飛び込み

全身を強く打って死亡しました。

 

人身事故があったのを知って

現場を訪れた妻が

踏切内に

飛び込む内容が書かれたメモがあるのを

確認しました。

 

遺書があるのだから

 

認知症による事故とか

変死とみなされることもないでしょう。

 

 

妻が

眠れなくなったり

体調不良を起こすなら

それもPTSDの負の連鎖ですから

安易に薬を呑まず

こころのケア(PTSD予防)をするとよいでしょう。

 

キレる高齢者激増 にはバルタン星人精神科医の断食10日間コース(PTSDの自然治癒)

キレる高齢者激増 だそうで

20年前の49倍だそうです。

 

攻撃的なPTSDが増えているので

 

高齢者もキレるタイプが目立つのでしょう。

 

satochan8

認知症のように見えても

断食すれば10日で治ることもあるそうですよ。

 

決意して始めたのではなく

食べられなくなった人に

無理やり食べさせることをしなかっただけですが

病院ではそれが難しいそうですね。

 

そういうので治るのは

PTSDです。

 

心身一如で

カショオの人も攻撃性が高いですから

ファスティングコースお勧めです✨

 

市原悦子さんの自己免疫性脊髄炎と『こぶとりじいさん(PTSD養生のコツ)』

女優・市原悦子(80)さんも

自己免疫性脊髄炎と診断され

入院治療に専念するため

当面休養するそうです。

 

芸能人も

よく体調不良を起こすようになりました。

 

 

 

高齢であることを踏まえて

当面は入院とのことですが

 

「掛け軸の老夫婦」の画像検索結果

 

昔のご老人は

そんなに難病にならなかったような。

 

「こぶとりじいさ...」の画像検索結果

 

こぶとりじいさんも

がんではなくて

 

PTSD(こころの病)との付き合い方を示した

喩え話ですしね。

 

 

PTSD否認薬漬けから対話だけで精神病回復の「オープンダイアローグ」へ

認知行動療法にも飽きて

次の流行は

これだそうです。

 

「ハッピー・ドラッグ」が出てきたように

(全然ハッピーになってませんが)

時々「夢」が必要なのでしょう。

 

 

対話だけで精神病が回復するとの触れ込みですが

「かなりの確率で回復する」という点がポイントで

「普通に思われている以上に」「意外と」くらいの

意味ではないかと思いますよ。

 

【傾聴】すればよいというのと同じで

シンプルに見えるものこそ

コツや極意がないと動かないんですよね。

 

道元は

「座禅すればそれで充分」と言いますから。

(勉強もいらない)

 

散々薬害を広めてしまったあとですから

薬を選ぶ人も多いかもですね。

(その選択も「オープン」なのです)

 

しかし

根本解決にならないにしても

いじめで苦しむ子どもや

希死念慮に苛まれている人の話を

集中的に聴く場所ができるのは

画期的なことでしょう。

 

公認心理師の初仕事ですね。

 

中島みゆき『歌姫♪』ウソがうまい医療とウソが好きなPTSD患者のコラボ

 

どうしようもないあきらめと

ため息が聞こえてきそうな曲ですが

その部分に共感できます。

 

そういう時は

思いを

表現するしかなく

また

それが重要だと思います。

 

PTSD否認と薬害の問題は

簡単な話なので

分かる人には

明確に分かることなのですが

 

意外にも

ウソが好きな人が多くて

継続中なのです。

 

強姦で2度も逮捕されたPTSD解離精神科医(47)は精神鑑定が専門

昨年12月

当時勤めていた

長野市の病院の精神科で

抵抗が不可能な女性患者に対して

体を触るなどのわいせつ行為をしたとして

今年9月

準強制わいせつ容疑で

逮捕されていた医師が

5年前にも

女性方に侵入し

脅迫して抵抗不能にした上で

暴行を加えていたとして

再逮捕されました。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

前に勤めていた病院のパンフレットによると

 

専門は

司法精神医学で

(おもに刑事事件の精神鑑定)

東京地方検察局の嘱託医として

毎週鑑定を行っていたようです。

 

PTSDと鑑定したことはないのでしょうね。