カテゴリー別アーカイブ: ポーの一族・PTSDの負の連鎖

【無期懲役】タリウム事件の元名大生の見過ごされたPTSD的サイン

名古屋市で

知人女性を殺害

仙台市で

高校の同級生ら2人に

劇物の硫酸タリウムを飲ませた

名古屋大の元女子学生(21)に

無期懲役の判決が出ました。

 

学校に薬品を持ち込むなど

特異な言動で

周囲に知られていたのに

 

 

スクールカウンセラーもこの調子ですから

放置されてきたようです。

 

名大進学後

ツイッターに殺人願望をつづり

妹に

鎌やナイフを胸に突きつけるようになると

 

周囲も不気味に感じ

心的感染による麻痺が起こっていたのでしょう。

 

友人たちは殺人事件の話を聞かされ

 

妹(19)に至っては

女性殺害の当日

殺害したと報告され

翌日

「おので殴った」と説明されながら

血を浴びたズボンを洗濯させられ

 

母親は

「夢か現実か分からないけど人を殺したかも」と

打ち明けられても

 

放置されたままでした。

 

これは異常な光景ではないですか?

 

 

PTSDは

知らないうちにじわじわと

名大生を

家族を

交友関係を蝕みながら

 

(『ポーの一族』より)

 

ドラキュラ伝説みたいに負の連鎖したのです。

 

 

発達障害?

アスペルガー?

ADHD?と疑われるようなサインがあれば

 

早め早めにPTSD予防すべきです。

そうすることで

こんな事件の連鎖は止めることが可能です。

 

皇后さまは帯状疱疹で愛子さまは拒食症PTSD世代間負の連鎖

宮内庁は

皇后さまが

帯状疱疹になられたことを

明らかにしました。

 

国民から

理不尽なバッシングを受けて

失声となられたこともありました。

 

雅子さまも

帯状疱疹から適応障害になられ

休養中です。

 

愛子さまは拒食症ですね。

 

「美智子様愛子様」の画像検索結果

 

見かけだけではなくて

心理のある部分も似ておられるのだと思います。

 

拒食症は

かぐや姫コンプレックスから読み解くのが

精神分析の常識です。

 

「摂食障害かぐや...」の画像検索結果「摂食障害かぐや...」の画像検索結果

 

思い出のマーニーの

ヒロイン杏奈は喘息でしたが

「杏奈PTSDマーニ...」の画像検索結果「杏奈PTSDマーニ...」の画像検索結果

 

難治性の喘息もPTSDですから

(普通は薬が効く)

治癒する時に

世代間負の連鎖が明らかになりましたね。

 

そういったことを不問にする

行動療法は無効

 

「杏奈PTSDマーニ...」の画像検索結果

 

無意識(マーニー)と遊ばないと治らないみたいです。

 

逮捕されるためにパイプで男性撲殺のPTSD解離性通り魔(32)

神奈川県大磯町の

建築会社員(32)が

 

公園の公衆トイレ前で

無職男性(44)の右側頭部などを

金属パイプで十数回殴って

殺害し

自ら110番通報し

「人を殺して逮捕されたかった」と

供述しています。

 

大阪・心斎橋の路上で

平成24年6月

通行人2人を無差別に刺殺し

死刑判決から

無期懲役に減刑されて

問題になっている被告も

(犯罪被害者支援に取り組む弁護士らが

大阪高検に上告するよう申し入れ中)

刑務所から出たばかりで

絶望しての犯行で

名前は磯飛(いそひ)京三(41)です。

 

お酒を呑んでいたようですから

無意識の中で

磯飛が飛び火したのでしょう。

 

誰の無意識もそんなものですが

判断せず行動してしまうところが

PTSDの解離人格の特徴になります。

 

安易にとよく言われますが

世間で思われているより

遥かに安直なものです。

 

解離しないように予防するしかないですね。

 

アドベンチャーワールドの男性飼育員が象とぶつかり死亡「PTSD解離性負の連鎖」

本日午前

和歌山県白浜町の

アドベンチャーワールドで

タイ国籍の男性飼育員(37)がゾウと接触し

死亡する事故がありました。

別の施設ですが

1月と2月はライオンに噛まれて

重傷を負う事件がありましたね。

 

昨年

インドでもライオンが人間を襲撃する事件が相次ぎ

タイでは

先月28日

アユタヤの象園で

 

「アユタヤの象」の画像検索結果

 

オスの象が暴れだし

別の象に乗っていた日本人女性2人とタイ人の象使いが

転落して怪我をしています。

 

 

 

動物たちはネットも見ないでしょうに

不思議な偶然の一致ですが

 

飼育員さんたちの被害も

なぜこの時期に集中?という話です。

 

随分昔の話ですが

ライオンに襲撃された女優さんは

「松島ライオン」の画像検索結果

 

PTSD発症リスクになると証言していますよ。

 

「ポーの一族」の画像検索結果

 

ポーの一族にならないように

お大事に✨

 

愛子さま の拒食症は雅子さまからのPTSD家族間負の連鎖と週刊女性

皇太子さまの

57歳のお誕生日に公開された

愛子さまの“激ヤセ”ぶりが

話題になっていますが

週刊女性は

 

長らく闘病中の雅子さまからの負の連鎖であることを

指摘しています。

 

 

精神科にかかり

薬を呑むことになるだろうと言われていますが

拒食症は

そんなことでは悪化するばかりです。

悩む力もコントロールされて

カショオに移行したらどうするんですか💢

 

 

 

『かぐや姫コンプレックス』ですから

 

 

無意識を見てゆけば

治癒し

自己実現モデルであることがわかるでしょう。

 

そのあたりは

『思い出のマーニー』にも表現された

サイコセラピーの常識です。

 

治癒する時に

すべてがわかるのです。

 

小諸市動物園でもライオンにかまれた女性飼育係(22)重傷でPTSD予防中

午前9時35分ごろ

長野県小諸市丁の

小諸市動物園で

臨時職員の女性(22)が

園内で飼育しているライオン(雌、15歳)のおりを

1人で清掃中に

咬まれて重傷です。

 

先月23日にも

千葉県成田市の

湘南動物プロダクションで

飼育員の男女2人が

咬まれてますね。

 

死の恐怖を感じた

こころの手当も

お大事に✨

 

「ポーの一族」の画像検索結果

 

ポーの一族になっちゃうよ。

 

この場合

無意識的には

ライオン=吸血鬼です。

 

負の連鎖を断ち切るのは

光(自覚)ですね。

 

冨田真由さん公判で男性裁判員が倒れて救急搬送!PTSDの負の連鎖

東京・小金井市で

2016年5月

音楽活動をしていた

冨田真由さん(21)の首や胸など

34カ所をナイフで刺した罪などに問われた

岩埼(いわざき)友宏被告(28)の裁判員裁判で

 

 

2月20日

冨田さんの傷の状況について説明を受けていた

男性裁判員が

「うぅ」といううめき声を出し

机に突っ伏すように倒れたので
公判は一時中断され

補充裁判員が審理に加わる予定だそうです。

 

 

岩埼被告は

イライラした様子で

左足を揺すりながら聞いていて

 

恐怖心でいっぱいの冨田さんの

(衝立があっても心理的には限界でしょう)
「…反省はひとつもしていないと思います。

犯人は、また絶対に同じことをする。

また犠牲になる人が絶対にいる。

こんな人を野放しにしてはいけない。

絶対に許してはいけない」との

必死の証言にも

「じゃあ! 殺せよ!」と叫び

 

退廷を命じられるほどですから

 

他の裁判員も

PTSD発症リスクに曝されています。

 

「ポーの一族」の画像検索結果

PTSDは

ドラキュラ伝説のように負の連鎖するのです。

 

 

 

ストーカーは本当に怖いです。

SNS連続送信から始まる

平成のホラーです。

 

この事件で

警察の意識も随分変化しましたが

裁判制度も変えることになるでしょう。

 

 

香港の地下鉄に放火男出現で18人負傷のPTSD解離性無差別「個人的」テロ事件

香港の地下鉄の車内で

男が

「焼き殺すぞ」と叫びながら

ガソリンの入った容器に火をつけたので

火は車内に燃え広がり

乗客ら18人が負傷しました。

 

心頭滅却すれば…とは言いますが

 

「sintoumekkyaku...」の画像検索結果「sintoumekkyaku...」の画像検索結果

 

 

下半身が燃えているのに

「個人的な理由で放火した」などと

平然と話しているそうです。

 

 

【解離】の威力でしょうか。

向精神薬の威力でしょうか。

 

日本では

刃物を振り回す解離人格が多いですが

中国周辺では

お坊さんは焼身で抗議されますね。

 

 

清水富美加さんは出家されるそうですが

 

現実的に行き詰まると

人間は

お坊さんの真似事をするところがあるようです。

 

 

拒食や引きこもりも同じなのですが

 

それを見極め

正しく導く司祭のような

産婆のような役割をするのが

サイコセラピストというものです。

 

『東京喰種トーキョーグール』役作りでハエ食べたトラウマで清水富美加さんは PTSD予防中

 

役作りのために

 

「居酒屋で

飛んできたハエをおしぼりでつかまえて食べた」ら

それがトラウマになって

「好きだったものでも

(ハエに)似た食感のものは

全て戻してしまうようになった」というのは

 

 

PTSDの【回避】行動ですね。

自ら「ぺふぺふ病」と名づけた

離人症状態も同じく

無意識の防御反応でしょう。

 

人の血を吸う

ドラキュラ伝説も

日本人の場合は

 

 

『ポーの一族』くらいにしないと

刺激が強すぎるので

 

血を吸うどころか

人肉を食べる種族を描いた

 

 

この実写を演じるのは

大変なことです。

 

ヒットするのは

PTSD問題に関するものばかりですから

女優さんにも

こころのケア

(PTSD予防)が必要だということを示した

象徴的な騒動にも見えます。

 

カジノに精神科医が常駐しているように

 

 

撮影場面には

倫太郎先生が必要では?

 

薬はダメですけどね。

 

清水富美加の「ぺふぺふ病」は離人症(PTSD)

宗教法人「幸福の科学」の活動に

専念するため

芸能界引退を表明した

清水富美加(22)さんは

 

体調不良を

「ぺふぺふ病」と名づけ

「それは

感情に起伏がなく

これといった悩みもなく

余裕があるような

というといいように聞こえるが

ガムシャラな感じがなく

やる気が感じられず

生きている感じがしない

というと悪いように聞こえるが

がんばっていないわけでもなく

そして調子に乗っているわけでもなく

そう、擬音にしたら

ぺふぺふしているような状況の

一種の病」と解説

 

精神科医の和田秀樹氏は

テレビ朝日系「モーニングショー」に電話出演し

「なんか

生きている感覚がリアルに感じられないということが

すごく伝わってくる。

自分の感情が自分でわからないような状態。

自分が感情を持っている感覚が持てない。

まあ重度と言えば重度」と説明したそうです。

 

これは

不承不承

水着撮影とか

人食い人種の役を演じさせられ続けた

ショックが原因の

 

 

「離人症」の画像検索結果

 

ノーマルから統合失調症まで

幅広く起こる

離人症状態でしょう。

 

今が大事な時で

これから

回復するか

様々な病状に落ち込むかの

運命の分かれ道です。

 

TVでは

約束も守れないで人を救う仕事ができるのかとか

広告塔にされているのがわからないのか等と

 

ギョーカイの大人たちから

二次被害を受けているみたいですが

 

こころの傷についての

本質的な議論が必要でしょう。

 

もし

まともに議論されたなら

こころの傷が癒えて

出家は返上されるかもしれませんよ。