カテゴリー別アーカイブ: 円相法

PTSD解離犯罪の円相法も見つかった。

2008年頃から
普通の人の絵画も集めてました。
臨床群との
対照群になるかと思ったのですが
一部には
やはりPTSDを発症している人がいるわけで
新聞に載ったような
事件の対象者もいることが
判明しました。
DVについては
PTSD予防として関わっていたので
 ―もちろん発症している人もいるから
  その場合は治療になる。
2000年ころから
確信犯でしたが
解離犯罪については
ブログを始めた頃に
関連に気付いたので
手つかずになっていました。
灯台下暗しですね。
こういうのも
学会で発表しながら
攻めて行こうと思います。

流行中の母からの呪縛PTSD

婦人公論の
最新号の
テーマは
「母からの自立
私を生き直す
呪縛に苦しむ
娘たちへの
処方箋」
そういう気づきが起こった人が
増えているのでしょう。
$翠雨PTSD予防&治療研究所拉致監禁
これは
ポニョ父ですが
$翠雨PTSD予防&治療研究所家出中!
正しく
脱走するのは
簡単ではなく
 ―普通に家出するなら
 新しい問題に遭遇してしまう。
もやもやが
スッキリしたと
思ったら
解離行動だったり
 ―それすら気づかないことも多い。
$翠雨PTSD予防&治療研究所
時空を超えて
幽体離脱して
投影しちゃうんですね。
絵に描くくらいだから
無意識では
わかっているけど
やめられない。
対人トラブルも
 ―投影受けたら
 気味悪いでしょ?
依存症になります。

米国行動主義ではなくて東洋伝統主義のPTSD治療へ

翠雨PTSD予防&治療研究所
流行り病は
PTSDと
示されて
長期向精神薬服用は
ダメと明らかになりました。
翠雨PTSD予防&治療研究所
被害者事例は
昔から
山のようにあります。
治療家たちも
精神科の悪事の片棒担いでちゃ
アブナイと認識
「PTSD治します」
「傾聴します」とか
書き出してます。
昔は
やってたのですから
やる気になれば
できるんです。
行動療法に傾いてますが
 ―心理療法=認知行動療法みたいな
ユング派的な心理療法が
普通でした。
$翠雨PTSD予防&治療研究所
東洋思想との融合が
課題だったけど
 ―河合隼雄の遺言
 
息子が尊重せず
頓挫してるから
私が引き継いでいますニコニコ

PTSD絵画療法も大分完成に近づく

学校では
精神科はおろか
心理療法も受けるなと
ある意味で
めちゃくちゃ言っております。

どうしたらいいかということですが
自分で
チェックして
自分で深めていく方法を
教えているのです。
最初に
★木の絵
★風景(中井久夫先生公案)を
書いてもらえば
トラウマは
バッチリわかります。
そのあと
翠雨PTSD予防&治療研究所
十牛図に倣って
翠雨PTSD予防&治療研究所
毎週これを書いてもらいます。
翠雨PTSD予防&治療研究所
治癒力が働くし
いろいろ気づきが起こりますから
それについてゆけばよいのです。
箱庭より手軽だから
 ―紙と鉛筆で
時々
チェックさせてもらえば
深まりも
修正も
期待できます。
理論は
しんどそうな学生さんも
これはみんな熱心に聴いて
あれこれ一緒にディスカッションします。
集団心理療法みたいな
講義ですね。

円相法にみる世間のPTSD否認解除

$翠雨PTSD研究所
心理描写されやすいので
学生さんにも
まるのなかに
いろいろ描いてもらうのですが
 ―『荒れてるなぁ…。
 そっとしとこう』とかで
 地雷を踏まずに済む。
今までは
交通標識では
 ―表情シリーズもあります。
進入禁止とか
わりとありましたが
 ―トラウマを刺激するから
 立ち入って欲しくない。
今年は
進入禁止はなく
駐車・停止禁止マークが
わりと目立ちます。
 ―表情だと
 ムンクの叫びみたいなのに変わって
 ニコニコ笑顔
どんどこ進めって
ことですかね。
ぼーっとしてた人が
留年して
 ―多分PTSDで
 内容が頭に入らない。
ニタニタ笑いながら聴いてて
そういうマーク書いてたから
多分あっていると
思います。

認知症という名のPTSDにこそ円相法かも

学校で
教員に説明していたら
「これ認知症の患者さんでも
できますね」
禅由来の
シンプルな方法で
ストレスや労力を
極力少なくしてますからね。
それに
指示や指導ばかりよりは
 ―薬漬けの上に
 背中にクリップで座席固定
 首にセンサーなんて
 人もいるらしいショック!
想いを表現し
傾聴される意味を
一番感じるのは
絶望の淵にいる
老人かも。
 ―若くても診断された人は
 多そうですが。
いろんな人に
試してもらおうと思いました。

沖縄タイム

$PTSD研究家翠雨の日記
円相法の
 ― 十牛図的絵画療法
  お金のかからないPTSD克服法を
  考案中で
  その一環
研究を始めて
何年になるか。
前期の学生さんには
返却する季節で
 ―多少のコメントつき
いつもスキャニングに悩む。
 ―せっかくだから 
 次の年の講義に使いたいからね。
 もちろん了承済み
学校で頼めば
快く引き受けてくれるけど
実は
凄く手間がかかるらしいと
後で知って外注してる。
 ―連続コピーみたいに
 できた時もあったのだけど
 コピー機が
 退化したのか。
 ニーズがないのか。
 私のやることはたいてい
 誰もやりたがらないことだから。
今年は沖縄に発注
ちゃんとやってくれるかは
いつもストレスだけど
沖縄には
沖縄タイムという
何とも言えないものもついてくる。
滞在中は癒されるけど
帰りのヒコーキのことを
考え出したとき
ものすごく神経過敏にさせられる
時間感覚
 ―簡単に言うと
 平気で遅刻する。
 那覇とかは都会だけど
 私は僻地に行くからね。
アフリカにもあるけど。
 ―こっちは胃が痛くなる。
しかし
ITの時代
仕事もIT
思ったより
早く仕上がり
予想以上に
きちんと仕上げてくれた。
感謝感謝
集合的無意識も
日々刻刻変化してますね。
$PTSD研究家翠雨の日記

昨日の円相法4分の1が金環日食

$PTSD研究家翠雨の日記
金環日食と
言明したのが4分の1
関連するものを
描いた人も入れると
半分にはなります。
世紀の一大イベント
でしたね。
実際に観て
感動し
絵にすることで
より深く
癒しの効果が   ☚自己治癒力
得られたことでしょう。
癒しは内から起こるものなんですよね。

絵を使ったPTSD予防教育がいいかも

$PTSD研究家翠雨の日記
授業中
自分の言葉をうまく使えず
キレる子が
多いそうです。
1つの絵を見て
「どう見えるか」
話し合わせる授業だそうです。
 ―先生が
 聞き役というのもいいですね。
DVシェルターの子どもも
箱庭を作ったら
お母さんや
兄弟や
いじめっ子に見せたがります。
 ―見た人は
 その子への見方を変えますし
 その子はとても満足します。
 心理学なんか知らないと思いますが
 そういうことがあります。
$PTSD研究家翠雨の日記
今日は
昨日朦朧としながら
仕上げたコメントつきの
絵を
学生さんに
返しました。
講義内容の質問は
(恐れてかあせる
あんまり来ないのですが
自分の絵を中心にすると
リラックスして
饒舌にいろいろ語ってました。
絵には
不思議な力があると
また実感しました。

発達障害的に見えてPTSD的な昨今の普通の学生さんの絵

$PTSD研究家翠雨の日記
PTSDの人の
表現だけだと
PTSDらしさがわからないから
普通の人の
絵も観察しています。
 ―コメントつけて
 (臨床場面ではしないけど  
  学生さんだからね)
 返します。
でも
数人は
PTSDが混じってますし
普通の人たちの絵にも
昔は
病理のサインだったものが
普通に出てきてます。
確かに
川の描き方なんかからすると
【発達障害】的ですね。
しかし
身近な環境からの
トラウマ表現も
同時に多いんですよね。
両親が離婚した人も
増えてますしね。
総合的に考えるようにって
教科書には書いてあるんですが
今は
モンスター親が
脅したら
 ―PTSDで解離して
 怒るから
 支離滅裂
 うつ病誤診の置き土産です。
無理が通ることも
あるみたいですね。