カテゴリー別アーカイブ: 戦争

10億円落札ピカソ『泣く女』シリーズもPTSD予防教育的表現

パブロ・ピカソの油彩画

『泣く女』

(1939年)が

10億円で落札されました。

 

涙を流す女性が

デフォルメされた

『泣く女』は複数ありますが

悲しいことがあり

「PTSD予防」の画像検索結果

目玉が飛び出るほど泣く女

嘆き悲しみ泣く女

ハンカチを食いしばって泣く女

空に叫ぶかのように泣く女等

様々な服喪追悼(PTSD予防)のかたちを

絵画で表現

 

「ハーマンPTSD」の画像検索結果

 

「泣く女」の画像検索結果

 

この絵が

スペイン内戦が続くなか

ゲルニカが受けた

都市無差別爆撃を主題とした

やがて反戦や抵抗のシンボルとなり

「偉大な神が降りた」とも言われる。

「ゲルニカ」の画像検索結果

『ゲルニカ』とともに有名です。

 

左下部にある兵士の上には

「死んだ子供を抱きかかえて泣く母親」が描かれ

泣く女の表現に繋がります。

 

 

落札されたのは

表現が重ねられ

何度も描くのは心理療法効果がある。

シンプル化された上の絵でした。

 

西城秀樹さんと岩国基地のジャズ

16日に

急性心不全のため

63歳で死去した

歌手、西城秀樹さんの

通夜が

青山葬儀所で営まれました。

 

 

体に染みついていたのは

山口・岩国基地仕込みの先進の洋楽で

それが

当時の昭和歌謡と混じり合って

斬新なスタイルとなり

Jポップの原形である

ポップス歌謡が出来上がったそうです。

 

ジャズは

お父さんから習ったそうですが

 

「岩国基地ジャズ」の画像検索結果

 

もともとは

黒人奴隷たちが

1863年に自由を手に入れたあと

戦後の軍隊にあふれ

二束三文で売られていた楽器を使って

生活するために始めたものです。

「集合的無意識PT...」の画像検索結果

表現により

歴史的身体的に伝わる

普遍的な何かがあり

人々の魂の傷を癒やします。

敗戦利得PTSD

高畑勲氏が亡くなられたそうです。

 

 

この絵は

『かぐや姫の物語』のときのものでしょうか。

 

「かぐや姫の物語」の画像検索結果

 

 

 

 

ジブリのかぐや姫論が

私とまったく同じでとてもびっくりしたのを覚えています。

 

ネット上では

「敗戦利得」という言葉が出てきていますが

「渡部昇一敗戦利...」の画像検索結果

渡部昇一によって広まった言葉

そのことで悩み

PTSD予防することで

個性化する人もいるということですね。

「あんぱんの日」夏目漱石と水木しげる

 

今日は

あんぱんの日でもあります。

 

皇室御用達になった日です。

 

なぜ4月4日なのか?

いろいろに考えられますが

 

「節句日」の画像検索結果

 

陰陽五行説で

皇室ですから

数を重ねる考え方からではないかと思います。

 

水木しげる先生も

あんぱんがお好きだったそうですが

 

「水木しげるあん...」の画像検索結果

 

あんぱんに限りませんが

 

「漱石甘い物」の画像検索結果「漱石心的世界」の画像検索結果

 

漱石のように

胃潰瘍で

短命にならなかったのは

 

経験をトラウマ化させなかったこと

表現すればよいという話でもない。

それにともない

日々のストレスを少なくできたこと

人生を愉しむ度合いが雲泥の差

胃薬依存症でなかったことが

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

軍人さん用のくすり

クリックすると新しいウィンドウで開きます

下痢は止めるな!は東洋医学での常識です。

 

考えられます。

 

PTSD発症は

心身症に限らず

一面的ではないですね。

 

平成の731部隊「公認心理師」

池内了名古屋大名誉教授らが

「満州第731部隊における

 

「731」の画像検索結果

 

軍医将校の学位授与の検証を

京大に求める会」を設立

 

2日に

京大で記者会見し

731部隊の学位撤回を 要求しました。

 

旧関東軍731部隊の将校が

ペストを投与した動物実験の論文を執筆し

京大が医学博士号を授与しましたが

 

本当は人体実験であった疑いがあるそうです。

 

虚偽が明らかとなったADHD論文も処分し

 

「ADHDの父」の画像検索結果「ADHDの父」の画像検索結果

 

 

平成の731部隊を

解散させましょう。

 

「公認心理師」の画像検索結果

 

 

『戦場のメリークリスマス』③プリズン『エクスペリメント』

『戦場のメリークリスマス』の続きですが

原作者の

ヴァン・デル・ポストは

日記に

「この収容所の暮らしで

最も過酷なことの一つは

半ば正気を失った

理性と人間性が半分暗闇に紛れている状態で生きている者たちが

権力を握っているなかに居続けることで

引き起される過度の緊張だ」と

記しています。

 

「エクスペリメン...」の画像検索結果

有名な監獄実験のような話のことです。

 

半ば正気を失っているというのは

【解離】しているということですが

この大尉は

「ヨノイ」の画像検索結果

 

「高名な、精神科のヨノイ大尉です。」と紹介され

裁判官もつとめます。

「戦場のメリーク...」の画像検索結果

被告は

弁護士もいないヘンテコな裁判だと反論しています。

 

軍靴の音が聞こえ始めると

精神科医は出世コースになるかもですね。

「T4作戦」の画像検索結果

 

「公認心理師」の画像検索結果

公認心理師も繰り上げ当選ならぬ

繰り上げ昇格しましたが

 

政権交代間近なので

今からでも取り消してほしいものです。

 

『 戦場のメリークリスマス』②日本文化イメージとしての「 腹 」 

『戦場のメリークリスマス』の続きですが

 

「気」という言葉をよく使っていて

陰陽五行説の「気」で

元気や気力、気合のようなものです。

気力で乗り切らせるのは問題もありますが

今は何でも「脳」の問題にすり替える。

 

お腹が強調されています。

 

凶暴な軍人の名前は「ハラ」

 

「戦メリたけし」の画像検索結果

感情を抑圧しているようで

酔っ払うと太っ腹な「釈放」

規律を乱した場合

「切腹」

同性愛レイプの捕虜

「断食」が命じられます。

集団責任で

 

軍人は武士ではないので

ましてや精神文化の違う外国人

切腹などできないので

却って苦しむ様子を

自殺に追い込みながら

幇助するという

マッチポンプとして描かれている。

西洋人捕虜は

自決させられるのは「時の運」であり

できなくても「卑怯者」ではないし

「恥」じゃないと諭します。

『菊と刀』なんかが意識されているのでしょう。

「菊と刀」の画像検索結果

お灸と一緒で

断食も懲罰として使われることがありますが

本来はどちらも健康法

「戦メリ デビッ...」の画像検索結果

デビッド・ボウイに

「まんじゅうより花がおいしい」と言わせ

思想的に反論させています。

断食は我慢大会ではなく

意識が変容し

味覚も変わるのです。

懲罰に使うような軍人にはわからない秘密

デビッド・ボウイは

何度も死ぬような目に遭い

 

「PTSD予防」の画像検索結果

 

最初のトラウマエピソードを思い出しながら

弟を救えなかった罪悪感

非暴力のうちに死んでゆき

捕虜なので抵抗できないのですが

凶暴な日本の軍人は

敗戦で立場が変わり処刑されました。

 

多くの軍人は

生還して

PTSDに苦しむのですね。

 

『戦場のメリークリスマス』①PTSD解離表現「さらし首」

1983の作品ですが

随分暴力的です。

 

戦闘シーンではなく

戦闘シーンは一切ない映画

捕虜収容所の人間関係の話ですから

「戦メリたけし」の画像検索結果

たけしさんもめちゃくちゃ凶暴

 

恐ろしいです。

 

「エクスペリメン...」の画像検索結果

これに近いかも

 

坂本龍一は

捕虜のデビッド・ボウイの行動にうろたえ

潜在的な同性愛感情の存在を露呈してしまい

物語の最初も同性愛事件から

失脚してゆきます。

 

心身鍛えた軍人さんも解離行動

中井久夫先生は

「戦メリ埋める」の画像検索結果

 

掘り起こされた感情を埋める代わりに

相手を埋めたのではないかとお書きです。

加えて

先生のいじめ論

「孤立化」「無力化」「透明化」の

「いじめの世界に...」の画像検索結果

表現でもあるように思われます。

 

沖縄の戦争PTSD座敷牢は平成日本にもある。

精神科医の

呉秀三(1865~1932年)が

私宅監置の

悲惨な状況を調べ

「わが邦十何万の精神病者は

実にこの病を受けたるの不幸のほかに

この邦に生まれたるの不幸

重ぬるものというべし」との言葉を残してから

今年は100年の節目に当たるそうですが

 

「私宅監置」の跡が

沖縄本島北部に現存しています。

1900年に本土では禁止

米軍統治下の沖縄では

日本復帰まで続いた。

 

1・5坪(4・95平方メートル)ほどのコンクリート造りの小屋

食事の出し入れや通気と採光のための小窓のほかは

排せつなどのスペースがあるだけ

出入り口の鉄の扉には外から五寸釘等の鍵

 

家畜のような扱いで

閉じ込められたために歩けなくなった人もいた。

ここに監置されていたのは

戦後に精神疾患を発症した

昨年7月に89歳で亡くなった男性です。

 

急増する入院希望者に

予算が全く追い付かない状況で

しかたなくこうなったとのことです。

 

「アスペ」の画像検索結果

今では本土でも

子どもを安直におりこうにさせるために

時間もお金もかからず合理的

薬漬けにします。

 

「ADHD」の画像検索結果

 

場合によっては

親にその姿をブログで嘲笑されているのですが

これは見えない檻だと思います。

 

人権蹂躙やめましょう。

 

朝鮮戦争からマリリン・モンロー『 ナイアガラ』のPTSD表現

「ナイアガラ マ...」の画像検索結果

マリリン・モンローは

朝鮮戦争から帰還した夫を邪険にし

1952に撮影

1953休戦体制へ

戦争中

陸軍の精神科病院にいたと触れ回り

ジョナサン・レターマン医師から名付けられたレターマン陸軍病院

 

「スターウォーズ」の画像検索結果

跡地から様々な作品が生み出されることに

 

愛人と共謀し

自殺したように見せかけようとします。

「帰還兵自殺」の画像検索結果

よくある話なので

悪事が成功したと思いきや

死亡確認に行くと

亡くなったのは愛人で

反撃に遭った。

 

ショックのあまり気を失い

PTSD反応

意識不明となります。

 

目覚めますが

PTSD解離性遁走のなかで死亡しました。

 

日本でも

朝鮮戦争関連で

PTSD物語がありましたね。

 

「コクリコ坂PTSD」の画像検索結果「コクリコ坂から」の画像検索結果

 

『ナイアガラ』は

当時のナイアガラの滝の記録映画としても

興味深いです。