カテゴリー別アーカイブ: 箱庭療法

お見舞い(がんPTSD予防)のお干菓子と博多三大祭り「放生会」縁起おはじき

博多三大祭りの一つ「放生会」

(9月12~18日)の名物

「放生会おはじき」は

ここ数年人気が過熱し

購入者が徹夜で並ぶようになり

トラブルが頻発

転売する不届き者も出現したので

販売は

今年から中止されることになりました。

残念ですね。

 

「放生会おはじき」の画像検索結果「放生会おはじき」の画像検索結果

 

私も

箱庭のミニチュアを集めるので

その気持ち

よくわかります。

 

 

「はじき」と言うと

コワい「はじき」もありますが

もともとは

「厄」をはじくという意味で

縁起がよいのだそうです。

 

「ガラス玉演戯」の画像検索結果

 

ヘッセの作品も「演戯」で

(無意識はダジャレが好きですから)

 

箱庭作品にも

よく「びいだま」や「おはじき」が使われます。

 

「がんの心のケア」の画像検索結果「キューブラーロ...」の画像検索結果

(がん告知は死の宣告に相当する衝撃なので

PTSD予防が必要なのです)

 

小林麻央さんへのお干菓子のお見舞い

お父さまの

言葉にならない願いがこめられたもののように

思えてきました。

 

食べられなくても

こころに効きますよね。

 

更生離脱の大麻使用スノボ選手は認知行動療法以外のPTSD治療で

スノーボードの

未成年の男子選手2人が

米国遠征中に

大麻を使用し

全日本スキー連盟(SAJ)から

競技者登録の無期限停止などの

処分を受けた問題で

このうち国際大会で入賞するなど

実績がある現在20歳の選手が

連盟が課した更生プログラムから

離脱したそうです。

 

依存症は

PTSDなので

 

 

更生プログラムも

トラウマを不問にする

認知行動療法では

脱落が多いんですよね。

 

摂食障害の患者さんなんか

数日で退院してしまいます。

 

続けにくいプログラムを押しつけて

脱落したら

批判したり

発達障害扱いするようでは困ります。

 

 

「芸術療法」の画像検索結果

 

芸術療法がいいんじゃないですか?

若い人は

割と

指導されるより

表現することを好みますよ。

 

日本人は、イースター(復活祭)でもPTSD予防遊びを楽しむ💕

本日は

 

春分の最後の日から

最初の満月のあとの

最初の日曜日とのことで

 

キリスト教の祭日

イースターだそうです。

 

復活祭とのことで

その象徴である

卵を食べたり

卵に絵を描いたり

 

 

探したり

壊さないように転がしたり

スプーンに乗せて運ぶのを競争したりして

楽しみます。

 

「七夕」の画像検索結果

 

同じように

象徴を巡って

徹底的に見立て遊びをする日本人は

 

多文化のそんなお祭りも

普通に取り入れながら

進化中なのです。

 

 

 

象徴が使えていないから

発達障害とみなすのではなく

 

本当に使えていないのか

見直す必要があるんですよ。

 

 

舞鶴市民病院も入院患者の口にビー玉等のPTSD解離虐待で捜査中

宇多野病院に続いて

 

舞鶴市立舞鶴市民病院

(京都府舞鶴市倉谷)でも

60代の男性入院患者2人の

体にあざ

(手の爪に変色・左脇や胸にあざ)

口の中からビー玉が見つかるような

虐待がみつかり

舞鶴署が捜査中です。

 

 

「ビー玉箱庭」の画像検索結果「ガラス玉演戯」の画像検索結果

 

びいだまが

正しく使われていないことを示す

象徴的な事件なのでしょう。

 

解離人格の行う行動は悪質ですが

世の中の問題を摘示する傾向がありますから

そういうことを分析してこそ

 

 

社会に役立つ心理学となります。

 

 

間違った流行の片棒を担ぐようでは

世も末ですね。

 

PTSDの認知の歪みや多重人格、拒食症によく効く薬とは?

 

本日

インドネシアのおじいさんとおばあさん

ペルーの動物や人形を

箱庭療法用に追加しました。

 

 

トラウマのストレスで

バラバラになった人格たちや

 

 

心身症で仲違いした心身

 

自分でも

何をどれだけ食べたいのかがわからなくなった

摂食障害にも

 

 

よく効きます。

 

「中央線は置石で遅延中」箱庭療法でPTSD解離人身事故も予防できるのに

日野~豊田駅間で

線路内点検を行った影響で

一部列車に遅れが出ています。

 

線路に侵入したり

置石をするような人は

 

アスペ等発達障害と

表面的に考え

薬漬けにするのは

間違っています。

 

 

石にも

普遍的な

象徴的意味があるのです。

 

「置石」の画像検索結果

 

置石をする

場所を間違っていますよ。

 

悠仁さまの作品のように

 

 

例えば

箱庭の砂箱の中で

配置を考えてみれば

 

本当は

何をしたかったのか

どうすればよいか

わかるようになります。

 

「置石」の画像検索結果

 

人身事故も減るでしょう。

 

10ヶ月待ってでも欲しい「発達障害(PTSD誤診)」ウソ診断の謎

発達障害のある

子どもの診断をしている

医療機関の受診状況を調べた結果

半数以上の機関で

初診までに

3カ月以上待たされていることが

(最長10ヶ月)

わかったそうです。

 

自閉症やアスペルガー症候群

注意欠陥・多動性障害(ADHD)

学習障害(LD)って

 

専門家も

自信をもって

きちんと区別できないから

「広汎性発達障害」「自閉症スペクトラム」って

呼ぶんですよね。

 

「ADHDつくられた」の画像検索結果「ADHDつくられた」の画像検索結果

ADHDは架空の病だったし

何でも病気にしたてあげるDSM5にすら

アスペルガーはないのに。

 

象徴が使えない発達障害が増えてると言っていた

 

 

便乗犯の

箱庭療法学会でも

(全国研修会のPDFをどうぞ)

発達障害研究は下火で

 

「ネット依存症」とか

(私みたいなサイバーストーカー事例研究が最先端だけど)

「木にも象徴性があったよねー」って

(急に休講になるなんて意味深)

研究に移行してますよ。

 

PTSDなら治っちゃうから

どうしても

発達障害にしたくて

待つんでしょうね。

 

 

「宮内庁文化祭」箱庭療法のミニチュアと愛子さまのPTSD癒やしの表現

恒例となっている

宮内庁の

職員向けの

文化祭が

8日から始まりました。

 

悠仁さまは

今年も

粘土と針金で作った

ミニチュアの信号機を

 

nj

 

秋篠宮ご一家としては

「昔の暮らし」に関心があるという

悠仁さまの発案で

昔の日本家屋の精密な模型を

出品されています。

 

%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%81-23bnj

悠仁さまが間取りを考え

台所や井戸などをつくり込まれたそうです。

 

%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%81-23nk

 

箱庭のミニチュアみたいですが

 

%e6%98%ad%e5%92%8c

 

こんなのより

ずっといいですね。

 

 

愛子さまは

「オルゴール」や

 

%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%81-23nhk

 

海の中を表現した「キャンドル」などを

ui

 

出品されました。

 

%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%81-44hg

 

体調が回復されますように✨

 

「そば湯はキモい」PTSDが発達障害に見える無粋な人々

「はてな匿名ダイアリー」で

 

 

そばの茹で汁を飲む彼氏を

「受け入れられそうにない」と

不快感をストレートに表現した

女性のブログ記事が

ネット上で波紋を広げているそうです。

 

関西と関東では

うどん文化かそば文化かという

違いがあり

 

 

 

落語の

『時そば』も

関西人には

『時うどん』にした方が

感情移入しやすい時代があったかもしれませんが

 

 

これだけいろんな国の料理を食べるようになった時代に

 

win_20161114_13_32_51_pro

 

話し合わず調べもせずに

蕎麦湯は気持ち悪いとだけ

言ってのける人が存在するというのは

興味深い現象ですね。

 

ネットのお陰で

いろんな人がいるのがわかります。

 

一般には

馴染みがないものを前にすると戸惑う人が多いので

作法と称するものがありますが

 

 

21413_02

 

終わりがよろしいですね。

 

「作法」のようなものにとらわれて

おいしいお蕎麦を楽しめないのは

「無粋」というものです。

 

しかし

鑑みれば

そんな人は案外いるもので

 

yjimagezkmwl5wy

 

人間の魂の深淵にある象徴を見抜けず

ちょっと眺めただけで

発達障害が増えているなんて喧伝するのも

無粋なお方たちです。

 

t02200488_0652144512837796373 t02200215_0800078312837796652

(『高貴なお方の狂騒曲♪』

かぐや姫の正体をつかめない一流の人々のドタバタ)

 

東洋の「~道」と呼ばれるものには

「型」があり

まいにち一生懸命お稽古しますが

達人になると

型破りとなります。

 

 

箱庭なんかも

 

q3tncs0000000735

何も考えず

自由にやってみてくださいね。

 

ただし

ゴロツキコメントをする

ストーカーidthatidみたいな

無粋なお方はお断りしています。

 

『セラピスト』ショッピングの最相葉月が選んだのもPTSD否認の町医者と向精神薬

 

著者は

臨床心理学の歴史を丹念に調べ

認知行動療法のようなものよりは

芸術療法がよさそうだとの目星をつけ

河合隼雄の弟子の箱庭療法に触れ

中井久夫と風景構成法までしながら

 

最後に

「個人的なことを書くことをお許し願いたい。

私はずいぶん前から

自分がなんらかの精神的な病を抱えていることを

自覚していた。

ときどき風景が止まって見える。

睡魔が襲う。

重いときには

テレビのお笑い番組で笑えず

毎朝毎晩読んでいた新聞を読めなくなる」

「物事の判断力が鈍り

わけもなく涙がこぼれる。

このままでは死ぬしかないと思い

首をつろうとしたこともあった」とカミングアウト

 

向かった先は

何と

「町の小さなクリニック」でした。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-4859

 

診断名は

「双極性障害Ⅱ型」で

微量の気分変調薬で落ち着いているそうです。

 

「この分野を取材し

専門機関でも学んでいたから

ある程度

それらの症状が何によるのかはわかる。

しかし

私は自分にその診断が下ることを避けてきた」

 

多くのPTSD患者さん同様

診断名にはコンプレックスがあるようです。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-4652

(複雑な感情が絡み合ってしまい

正しく認識しようとしても

妨害が入る)

 

副題「Silence in Psychotherapy」は

セラピー中の沈黙が大事だという意味で

書かれているのですが

 

51ZH0A872ML._SX345_BO1204203200_

 

優れた調査能力で

実物に触れても

その人の思考を脱線させてしまい

結論を書かせてくれない

心理療法における

圧倒的なタブーが

浮き彫りにされているように感じました。

 

「セラピスト最相...」の画像検索結果

 

まとまりがないとの評価もありますが

1つの貴重な実験記録だと思います。

 

なぜ

今だに心療内科に行く人がいるのかについて

知るヒントになるでしょう。