カテゴリー別アーカイブ: 虐待・体罰・いじめ

女性非常勤講師にPTSDを発症させた佛教大教授はパワハラで懲戒処分

佛教大学

(京都市北区)は

非常勤講師の女性に対するパワーハラスメントがあったとして

文学部の

50代の男性教授を戒告の懲戒処分にしました。

 

男性教授は

仕事でのトラブルを理由に

女性の性格や知性などを否定する内容のメールを

何度も送信し

「自身の言動に誤解される点があったかもしれない。

反省している」と話していますが

女性講師は

精神の不調を訴え

「PTSD予防」の画像検索結果

パワハラが原因ですから

うつ病ではなくPTSDです。

病院への通院歴もあるそうです。

「日大会見」の画像検索結果

組織を窮地に追い込むような

組織的隠蔽に走らず

講師を守ったのは賢明でした。

 

クラブ活動に忙しい文科省からは指導がないと思いますが

「銀座クラブ」の画像検索結果「文科省クラブ活...」の画像検索結果

 

佛教大の文学部ですから

 

「かぐやひめPTSD」の画像検索結果「PTSD予防」の画像検索結果

 

 

PTSD予防(こころのケア)教育もしやすいでしょう。

「かぐや姫PTSD」の画像検索結果

 

富田林警察署のアクリル板破って容疑者(30)PTSD解離遁走中

8月12日の午後8時半ごろ

富田林警察署から逃走した

「樋田淳也」の画像検索結果「樋田淳也」の画像検索結果

 

容疑者(30)は

自転車やバイクを盗み

ひったくりをしながら逃走中です。

 

大胆な行動で

「日頃はない赤の自転車が止まっていて

富田林市と書かれたシールが貼ってあったので

怪しいなと」

自転車を発見して通報した羽曳野市の女性

映像は確認されていますが

指紋は残さないなど

 

ビリー・ミリガンみたいです。

 

「ビリー・ミリガ...」の画像検索結果「ビリー・ミリガ...」の画像検索結果

縄抜けの達人トミー人格

虐待中によく吊るされたので特殊技能が発達

 

幼少時は

ボーイスカウトに参加する

笑顔がかわいい男の子で

誰もが認める良い子だったそうですが

家庭も裕福

 

お調子者でひょうきんと言われるようになり

中学生頃からは素行が悪くなり

リーダー格には弱いが

弱いものには強く出るという態度が顕著になり

 

高校へは進学せず

爆音をあげながら改造車を乗り回し

バイクを盗んだりひったくりをするようになり

4回の逮捕歴があります。

 

10年以上前に

父親が亡くなったとのことで

喪の作業が足りなかったのでしょう。

喪の作業が足りない子どもたちが

なだれ込んできて

事件化するまで温床となった。

 

「ビリー・ミリガ...」の画像検索結果

ビリー・ミリガンは

お父さんが死んで養父に虐待されたので

生きていくために

人格をバラバラにして凌ぐのに精一杯で

こころのケアができなかった。

 

「PTSD古事記」の画像検索結果

こころのケア=PTSD予防

スサノヲも一時期は相当荒れた。

 

非行少年になるにも原因があります。

米カトリック教会が70年にわたり子どもへの組織的PTSD解離性的暴行を隠蔽

東部ペンシルベニア州の

カトリック教会で

70年間にわたり

300人以上の聖職者が

子どもへの性的虐待に関与

被害者は少なくとも1000人で

ほとんどは思春期前の男の子

教会は

虐待を行った聖職者を

ひそかに別の地域に異動させるなど

組織的な隠蔽を行っていたことが

明らかになりました。

 

「教会子どもに性...」の画像検索結果

2002年の報道には驚愕しましたが

まだ続いていました。

 

パワハラ・セクハラ問題の根深さを

思い知らされますね。

 

「PTSD予防」の画像検索結果

被害に遭い

PTSDを発症した人たちの

魂の救済はなされるのでしょうか?

 

「悪質タックル言いがかり」コーチのパワハラで水球女子日本代表がPTSD発症し治療中

強化合宿中に行われた

日本代表チームと

日本体育大学女子チームとの練習試合の最中

コーチ(35)が

日体大監督と

日本代表チームのコーチを兼務

日本代表チームの主力選手に

秀明大学の所属

怒声を浴びせ

「お前、膝蹴り入れたろ!」

「お前、イラついてやったんだろ!」と

1分以上にわたって言いがかりをつけ

「水球パワハラ」の画像検索結果

翌朝も呼び出して叱責したので

水球男子日本代表監督は

フェイスブックで

女子代表の戦術などを厳しく言いがかり批判

選手たちが動揺し

炎天下でのやけどのような日焼けや

厳しい練習で身体的にも疲弊したうえで

精神的ダメージを与えられた。

合宿は打ち切られ

第三者委員会が調査中

 

秀明大女子水球部の監督は

「もはや指導の域を大きく逸脱した

パワハラと言わざるを得ません。

(選手は)合宿後PTSDと診断され

今も専門家のカウンセリングを受診しています」と訴えています。

 

6月に行われた関東学生リーグ決勝で

コーチが監督として率いる日体大が

秀明大に敗れた恨みからの

パワハラではないかと噂されていますが

 

解離行動なので

半ば無意識

日大悪質タックルの記憶が混じりこみ

 

「日大悪質タック...」の画像検索結果「日大会見」の画像検索結果

言いがかりをつけたのでしょう。

 

「水球アジア競技...」の画像検索結果

 

選手たちは一流なのに

コーチの人選が致命的で

競技会出場が危ぶまれているのは

「発達障害薬漬け」の画像検索結果「発達障害薬漬け」の画像検索結果

 

子どもたちを発達障害扱いする構図と同じでしょう。

日本の大学はヘンなのです。

日大劇場はまだまだ続く…

 

【日大劇場】チアリーダー部監督もパワハラ(PTSD解離行動)解任へ

「日大謝罪」の画像検索結果

日大騒動ですが

日大は

日本の大学の現状を映す鏡

今度は

応援リーダー部の

監督が

パワハラで解任されました。

 

「日大チアリーデ...」の画像検索結果「日大チアリーデ...」の画像検索結果

 

世間的に注目されたせいか

 

否認・隠蔽姿勢から一転して

対応が早くなりましたね。

 

こころのケアの現場では

支援する人の支援が必要と言われますから

 

解離人格は

無意識的に鼻が利く?

逆に

悪用する。

元気づける人の元気を奪う行動にも出ます。

 

「公認心理師」の画像検索結果

公認心理師の資格も

現場で働く人の気力を削ぐ効果がありますが

たくさんの大学が

これを応援するのでしょう。

 

早大も教授(66)のセクハラ認定し解任、隠蔽加担教授も調査中でPTSD予防教育

早大は

女子学生に対する

セクハラ発言などで

文芸評論家の

渡部直己教授(66)を

解任したと発表しました。

 

教授は反省しましたが

「本学教員としての適格性を欠き

改善は期待できない」とのことで

解離行動はアウト

 

セクハラ被害を相談され

口止めされた別の教授についても

大学は調査中だそうです。

 

 

「PTSD予防」の画像検索結果「PTSD予防」の画像検索結果

 

いじめに加担するようでは

教育者としてどうしようもないですね。

PTSDの基本から学び直して下さい。

 

「日大劇場」パワハラの内田前監督と井上元コーチは懲戒解雇でPTSD予防教育

犯罪的なパワハラを行い

ウソをついて隠蔽しようとした

常習と発覚

2人を

日大は懲戒解雇することにしたそうです。

 

 

「日大学長会見」の画像検索結果

学長の会見の頃は

往生際が悪かったですが

ツイッターでも

会見について

「日大でちゃんとした人は

宮川選手くらいでしたね」等

心中を避けたのは賢明でしたね。

あとになるほど改めにくい。

 

大学には

こころのケアの模範を示す義務がありますよ。

 

「PTSD予防」の画像検索結果

「窮すれば通ず」の画像検索結果「陰陽」の画像検索結果

 

「台風逆行」の画像検索結果

台風も

不自然な逆行で

巻き返し表現?

【日大劇場】大学内でのパワハラは隠蔽されずPTSD予防の時代へ

アメリカンフットボールの

悪質タックル問題で

日大は

公式ホームページ上で

関東学生連盟に提出した

「チーム改善報告書」を

「前監督が

反則をいとわない

勝利至上主義に基づく指導方針をとった」という事実を

「真摯に受け止め

これらを真実として尊重する」

「部外に相談・報告する仕組みが機能していなかった」

「圧迫的な指導体制」だった。

一般に初めて公開しました。

 

最近まで

民事不介入という理由で

警察はDVを放置していました。

 

勇気ある告発により

告発させないよう必死になるのは

加害者の証

学校も変わりつつあります。

 

不正があるなら

情報を共有し

風通しをよくすることですね。

 

「パワハラだめ」の画像検索結果「パワハラだめ」の画像検索結果

 

パワハラは

「PTSD予防」の画像検索結果

 

PTSD発症リスクを負わせる

傷害ですよ。

教育者が行うことじゃないです。

ディズニーランドでパワハラ!着ぐるみの女性社員2人が提訴でPTSD予防中

東京ディズニーランドで

「ディズニーラン...」の画像検索結果

キャラクターの着ぐるみを着て

ショーやパレードに出演してきた

女性社員2人が

過重労働や

総重量10~30キロの着ぐるみで

腕などに激痛が走る

「胸郭出口症候群」を発症

パワーハラスメントで

体調を崩したのは

運営会社のオリエンタルランドが

安全配慮義務を怠ったためだとして

計約755万円の

損害賠償を求める訴訟を

千葉地裁に起こしました。

 

夢の国にも

「ディズニーラン...」の画像検索結果「ディズニーラン...」の画像検索結果

 

怪物や魔女がいて

イジメもあるということですね。

 

被害者の救済と言うには

「PTSD裁判」の画像検索結果

 

まだまだ

「PTSD裁判」の画像検索結果

旧態依然とした裁判所ではありますが

PTSD発症リスクについて

広く知られ

記録されることは

大事なことだと思います。

 

部活は熱中症に気をつけ「無理」「もうダメだ」の勇気でPTSD予防

朝日新聞が

クラブ活動をしている子どもたちに

熱中症に気をつけ

無理をしないように呼びかけています。

 

日本スポーツ協会は

暑さにより

「積極的に水分、塩分を補給する」

「激しい運動や持久走は中止」という

指標を出していますが

 

「それは無理」と感じた時

「もうダメだ」と体に異変を感じた時

仲間の様子がおかしい時

自分や仲間を守るために、声を上げましょう。

とても勇気がいることです。

でも、みなさんの方が正しい場合がきっとありますとのことです。

 

12日には

大津市の中学校の

男子ソフトテニス部の2年生が

練習中に

サーブミスが目立った罰則として

顧問の先生から

「校舎の周りを80周走れ」と命じられ

倒れて病院に運ばれました。

 

30度を超えるなか

独りで走らせ

工事中の人が倒れているのを発見するのは

異常事態です。

 

このような体罰なども発見したら

自分や仲間を守るために

勇気を出して声をあげ

話を聴いてあげてほしいです。

 

「PTSD予防」の画像検索結果

宗介流傾聴法でPTSD予防

スクールカウンセラーが増えても

「スクールカウン...」の画像検索結果

 

こころの病は増えるばかりだし

 

「スクールカウン...」の画像検索結果

 

誤診と薬漬けコースに送られたりするからね。