カテゴリー別アーカイブ: 虐待・体罰・いじめ

アメフト悪質タックル立件見送りで「真実は日大劇場に」のPTSD解離性パワハラ事情

日大の

アメリカンフットボール部による

悪質反則問題で

傷害罪で刑事告訴されていた

内田前監督らは立件見送りとなりました。

 

学生だけが書類送検され

監督らによる指示はなかったという判断は

理不尽ですが

 

学生は真実を話し反省したことで勇気を讃えられ

選手としても復帰しましたが

監督らは日大どころか業界にいられなくなりました。

世間から裁かれることに

 

真実は日大劇場のなかにあるということでしょう。

被害者は加害者と和解

嘆願書も出ている。

「陰陽」の画像検索結果

現実と物語に架かるのが「架空」

日大劇場として永遠に語り継がれる。

警察はなかなか動かないし

最近こういう結末が多いわけで

 

「詩織さん事件」の画像検索結果

 

どこまでも日本を象徴する日大劇場でしたね。

 

『ハラスメントゲーム』 研修会のロールプレイで浮かび上がるモラ夫の依存症(PTSD)事例

「ハラスメントゲ...」の画像検索結果

4話は

社員研修会から始まります。

 

「パワハラはいけない」と説明されても

加害者は無自覚なもので

「知ってる💢」と言うでしょうから

そんな研修会は無駄かもしれません。

 

そこで

男女2人の社員が

お芝居をし始めます。

ロールプレイ

「ロールプレイ」の画像検索結果「ロールプレイ」の画像検索結果

やりとりをみんなで観察し

客観性が入る。

「指導せず罵倒していること」

パワハラ

「恥をかかせていること」

モラハラ

「楽しそうにパワハラしていること」を確認しました。

 

「脳内麻薬」の画像検索結果

 

パワハラ加害者の脳内には

麻薬のようなものが出ていて

無力感を有能感に変えてくれる。

やめたくないので

「依存症」の画像検索結果「依存症」の画像検索結果

認知の歪みが生じ

依存症に陥っているのでしょう。

 

断薬させるには

このままでは

労働局から指導が入ったり

旧態依然とした会社であると世間に知られたりして

会社に迷惑がかかる💦という

ショッキングな気づきと

それを癒やしながら

魂を成長させる

PTSD予防教育が必要なのかも。

パワハラと病院でのPTSD治療

ギョーカイに疎いので

どんな治療が行われているのか

調べてみました。

 

「宅間守」の画像検索結果

吉田小学校・佐久間と言っているのは

この事件のことでしょう。

 

PTSDを発症して

日常生活ができなくなってしまうことも

フロイトの時代から知られたヒステリー症状で

失立・失歩・失声・失聴…

眠れない・学校に行けない・仕事ができない…

トラウマになるし

生活できなくなるのは何とかしないといけないので

薬が必要とも言えるけれども

 

PTSDの不安や気分の落ち込みに

抗不安剤や抗うつ薬は効かないから

気分調節障害としての治療をしているというのは

躁鬱病の薬やメジャーを出す。

どうかと思いますが

 

暴露療法はうまくいかないという臨床感覚があり

トラウマを負った人のきもちは

比較的よく理解されていて

癒やしや励ましを与える説明になっているので

 

最初のオリエンテーションとして

聴いてみると

余分な不安が断捨離でき

薬を飲まずに済むかもしれませんね。

 

そういう意味では

トラウマをスルーする内容なので

そこは落ち着いて

別の方法を考える。

目につくところに

無料動画がたくさんあるといいなと思います。

 

PTSDの人たちはグループになじまないところがありますしね。

「断酒会」の画像検索結果

アルコール依存症もPTSD

 

「ハラスメントゲ...」の画像検索結果

グーグルはセクハラ加害者に退職金払わず48人解雇でPTSD予防教育のお手本に

IT大手のグーグルは

セクハラ行為をめぐって

過去2年間で

48人の従業員を解雇したと

幹部も13名

明らかにしました。

 

2014年には

やめさせても巨額の退職金を支払ったり

表沙汰にならないようにしてきましたが

今回は

退職金を払わず

全従業員にメールで通知

 

「近年は

権限のある地位の社員の不適切行為について

基準をますます厳格化するなど

多くの変更を行ってきた」と語りました。

 

「ハラスメントゲ...」の画像検索結果

 

ハラスメント問題もやっと動き出しました。

PTSD予防に無理解な企業は生き残れませんよ。

 

「日大会見」の画像検索結果

往生際の悪い日大騒動

ましてや教育者はアウトです。

 

『ハラスメントゲーム』ハラスメントとは何か?から始まるPTSD予防教育ドラマ

 

様々なハラスメント事例について

パワハラで飛ばされた男性の視線から考えるというのが

一番わかっていない人

社会問題を子どもの視座でみるような感じ

わかりやすくてよいですね。

 

まずいことをしたという反省はあっても

何がパワハラなのか理解しておらず

部下に対しての呼び方から勉強中で

「お前」「〇〇ちゃん」は駄目と部下から教わる。

 

世話ハラ

発達障害だから心療内科に行かないと大変なことになるという

スクールカウンセラーの親切ごかしも

世話ハラに当たるかも

リサラ

リストラするぞ!と脅す。

弁ハラ等と

弁護士のくせに!と逆パワハラ

パワハラに名前がつけられるのも

様々な症状をPTSDと呼ぶのと同じで

問題に取り組みやすくなります。

 

無自覚に行われるパワハラと

パワハラの定義を歪めて

悪用される場合があることも示されていました。

 

パワハラはPTSD発症リスクになるけれども

議論しにくさが被害者を追いつめるところがあるので

そのあたりに風穴を開ける

PTSD予防教育的なドラマだと思います。

 

『ハラスメントゲーム』元パワハラ加害者による被害者救済対策でPTSD予防研究

「ハラスメント」をテーマに

奇抜なアイデアと手法で

日大劇場で証明されたように

パワハラは根深い問題なので

普通の対応ではどうしようもない。

さまざまな問題を解決してゆく主人公と

パワハラで飛ばされ

降格・減俸・配置転換中

つまり元加害者による被害者救済

仲間たちの活躍を

一話完結で描くドラマが始まりました。

 

第一話では

縁故採用の不遜な社員が

仕事をサボり

それを注意されたことに逆ギレ

商品のパンに一円玉を仕込み

PTSD解離行動でもある犯罪行為

会社に「パワハラをやめろ」という電話があったと

ストーカーが被害者をストーカーと呼ぶような

脳内転換による勘違い

自作自演します。

事情を知らない社長は

新店舗への影響を考え

事実をすべて隠蔽しようとするという

警察に被害届も出さない。

老舗大手ならではの問題でした。

 

縁故社員に「クズ中のクズ!」と迫るシーンは

「にお倍返し」の画像検索結果

「倍返しだ!」の真似かな?

 

自殺者も出て

社会問題になっているのに

「公認心理師」の画像検索結果

専門家はノータッチですから

ドラマの世界が

学会の役割を果たしています\(^o^)/

性的暴行で逮捕されたミスター慶応PTSD解離ファイナリスト(22)の象徴性

9月29日の朝早く

横浜市西区の雑居ビルの中で

酩酊状態だった女子大生に性的暴行をした

慶応大学経済学部2年の男子学生(22)が

準強制性交等の疑いで逮捕されました。

 

「酔っていたので今は覚えていません」とのことですから

アルコール依存症=PTSDですが

 

性的暴行後

タクシーで移動し

路上で被害者の腹部を蹴っているところを

逮捕されたというのは

無意識的に捕まりたい願望

 

ノーベル平和賞受賞が決まったコンゴの医師が知らしめ

世界を震撼させたアフリカでの性暴力の現状を思わせます。

単なる性暴力ではなく

身体的にも破壊することで

重度のPTSDを発症させ

壊滅的なダメージを与えるという

極めて非人道的な軍事的戦法

 

解離人格というものは

わざわざ酔って

集合的無意識にある問題を再現させられる

哀れな存在です。

 

「慶応レイプ」の画像検索結果

 

2016年には

ミスター慶応コンテスト」に出場していたそうで

とても象徴的な事件ですね。

 

大学としても問題が多く

「慶応塾長謝罪」の画像検索結果

「慶応塾長謝罪」の画像検索結果

塾長が謝罪文を出したばかりです。

これも日大劇場の一貫かな。

 

「発達障害心理療...」の画像検索結果

象徴が使えない発達障害が増えていると

喧伝されていますが

現実は極めて象徴的な行動をする

PTSDだらけなのです。

 

「PTSD古事記」の画像検索結果

慶応大学も品位を保つには

PTSD予防教育

取り入れなければ駄目でしょう。

 

直木賞『ファーストラヴ』児童性虐待PTSD殺人だからこそ見えないトラウマの構造

第159回直木賞受賞作品ですが

 

「父親殺し」の画像検索結果

 

精神分析でいう

父親殺しがテーマです。

「父親殺し」の画像検索結果

 

でも

殺害したのは女の子で

エディプス(男)コンプレックスではない。

主人公の臨床心理士が謎を解いてゆきます。

10代から臨床心理学に興味があり

いつか「精神分析」で小説を書きたかった。

登場人物はみな

心の闇を抱えていて

それを作家は

「心の傷」「トラウマ」と明言したうえで

トラウマが問題になるのは

フロイトの精神分析の領域であり

今はPTSDと呼ぶ。

トラウマがない人にもわかる作品を書いたと語ります。

主人公のように

自分のトラウマがわからない人が多いが

傾聴すれば

抑圧したものが浮かび上がる。

主人公は

女子大生で

リスカと虚言癖が顕著だという設定です。

 

一般にはリスカを見ると

激しく感情が動くものですが

主人公の母親は

「鶏に襲われた」という主人公の話を

あの子はぼうっとしているから

変な怪我が多いのだと

鵜呑みにし

 

トラウマを与えた父親と娘の関係にも

「ノーベル平和賞」の画像検索結果

性被害PTSD予防は人類の大問題

 

見て見ぬふりをして助けないことで

本人を追い詰めてきました。

こういうことが多いと

精神科医や臨床心理士に取材して知った。

 

「いじめ傍観者」の画像検索結果

学校だけではなく家庭にも傍観者がいる。

主人公は

臨床心理士から

トラウマに関する質問をされても

よく知っているはずなのに

「え❓」という反応ながら

『なぜそんなこと訊くの❓』

隠すつもりはないので

答えているうちに

矛盾点が浮かび上がり

精神分析でも「脱線」を分析してゆきます。

偶然と片づけていたことが

無意識による【抑圧】

加害者によって仕組まれたワナであったことに気づきだし

受け止めがたい事実

 

「気持ち悪い」という言葉が出てきますが

「ムカつく」と片づける程度を超えたもの

なぜ今そう思ったのかわからないと

混乱し涙が出てきます。

 

こんな作品を仕上げることができた作家さんは

知らないうちに結婚が決まっていて

びっくりしたことがあるそうですが

そのせいか

一度離婚して同じ人と再婚

婚約したとき

「酔ってたのかも」とのことです。

主人格は居眠り中(-_-)zzz

 

お酒が好きで

受賞のお祝いにもお花ではなくお酒が届くほどだそうです。

 

飲むと

訊きにくいことも遠慮なく質問できるのは

プチ解離の有効利用かもしれず

「プチ解離マーニ...」の画像検索結果

『思い出のマーニー』

親切心からとはいえ

土足でズカズカ侵入され

太っちょ豚!とつい本音💦

軽い多重人格性が

執筆に貢献しているのかもしれません。

 

 

「おらはおらでひ...」の画像検索結果「おらはおらでひ...」の画像検索結果

この作品も

脳内多重人格の話

 

ノーベル平和賞はPTSD予防研究と実践のコンゴ人医師らに

ノルウェー・ノーベル賞委員会は

2018年のノーベル平和賞を

 

アフリカのコンゴ(旧ザイール)で

性暴力の被害者の治療や救済に取り組む

デニス・ムクウェゲ医師(63)と

1999年

内戦下のコンゴ東部ブカブで

産婦人科治療を目的とした

「パンジ病院」を設立

集団レイプなどで負傷した

多数の女性や少女を治療し

心のケアや社会復帰などの支援を行い

「PTSD予防古事記」の画像検索結果

(心のケア=PTSD予防)

「戦争や武力紛争の兵器」としての

性暴力の撲滅に向けた努力を評価された。

 

「イスラム国」(IS)の

暴力告発者で

イラクの少数派ヤジディ教徒の

人権活動家ナディア・ムラドさん(25)の2人に

授与すると発表しました。

 

PTSD予防は

人類にとって

もっとも有益な研究の1つなのです。

「PTSD予防古事記」の画像検索結果

 

 

PTSD休場の貴ノ岩が元横綱日馬富士を民事提訴2413万5256円請求

幕内・貴ノ岩

昨年の秋巡業で暴行を受け頭部を負傷

PTSDと左足関節症で休場に追い込まれていた。

元横綱・日馬富士を提訴するそうです。

昨年12月に略式起訴され

今年1月には罰金50万円の略式命令を出された。

 

対応しているのは協会でしょうが

 

示談交渉したものの

提示された金額は50万円程度

 

貴乃花親方には

事件が嘘だったと言うよう圧力をかけ

引退に追い込むなど悪質ですが

パワハラ流行時代をどこまでも象徴していますね。

 

最高裁でも

圧力に屈しない裁判官の

分限裁判結果待ちです。

 

これは

世間では

黙らされている人がたくさんいるということを

意味します。