カテゴリー別アーカイブ: 解離

彦根市の上司射殺巡査(19)深まる謎を解くキーワードも「PTSD」

滋賀県彦根市の

彦根署河瀬駅前交番で

男性巡査(19)が

先輩の巡査部長(41)を射殺した事件は

 

発生から1週間になりますが

 

警察は

逮捕された巡査の

犯行の動機の解明に難航しているそうです。

「あり得ない。理解に苦しむ」と首をかしげる。

 

3月26日に初めて顔を合わせ

一緒に勤務したのは5回だけ

 

「怒鳴られたから」と供述しているけれども

 

防犯カメラの映像では

犯行の直前

横並びで一緒に夕食の弁当を食べており

厳しくしかったり

2人が言い争ったりする場面などは

写っておらず

 

「(巡査部長には)きちんと指導してもらった」とも

折り合いのつかなかった上司がいたが

誰かは不明

供述しています。

 

そして

最初に

巡査部長の頭を撃ち抜いており

強い殺意があったことをうかがわせるからですね。

 

 

 

2人勤務の時に事件が発生していることから

2者関係で投影等が起こりやすくなる。

上司を過去のトラウマ事件の相手と勘違いし

「転移」と言う。

これを分析するのが精神分析

過去の記憶が脳裏によぎったのではないでしょうか。

 

「解離」するとそうなりますね。

 

トラウマ事件の相手は

父親かもしれないし

よいうちの子にみえて

実は虐待されている場合もある。

学校が気づかなかったいじめっ子かもしれませんね。

使い走りをさせられていたら

相手は上司のようなもの

結果的に

発達障害等と誤診され

向精神薬等を呑まされていた場合は

リスキーですしね。

 

そのあたりを調べたらどうでしょう?

 

滋賀の交番巡査(19)「頭が真っ白になって撃った」PTSD解離行動

滋賀県彦根市の

交番で

警察官が拳銃で撃たれて死亡した事件で

殺人の疑いで逮捕された

19歳の巡査は

「罵倒されたので拳銃で撃った」

「頭が真っ白になって撃った」と言っているそうです。

 

ストレスから

ストレス脆弱性がPTSDにはある。

解離したということですね。

 

全く無意識ではないので

命中したし

解離性遁走もしました。

 

全く意識が働いていなければ

いくら田舎でも

どこかにぶつかるでしょう。

 

「大人の発達障害...」の画像検索結果

発達障害では

絶対ないです。

 

逮捕されても再度ニセ梅が枝餅を販売のPTSD解離業者

太宰府天満宮

(福岡県太宰府市)の

名物餅菓子

「梅ケ枝(うめがえ)餅」の商標を使い

類似商品を販売した

福岡市東区の

60代の食品製造販売業の男が

商標法違反(商標権侵害)容疑で

まもなく逮捕されるそうです。

「梅が枝餅」の画像検索結果

 

 

類似商品を

「桜ケ枝餅」と商標登録しながら

実際には

梅ケ枝餅として販売

2002年にも同じ手口で逮捕されています。

 

何も考えてない=解離

でしょうが

 

 

「飛梅 さだまさ...」の画像検索結果「東風ふかば に...」の画像検索結果

「飛梅 さだまさ...」の画像検索結果

流行歌にもある

伝説的かつ象徴的な

お菓子です。

行動の意味はありそうです。

 

新宿署女性巡査(23)交際相手の暴力団員に捜査進捗をPTSD解離漏洩

警視庁新宿署の

女性巡査(23)が

捜査対象の

30代暴力団組員と交際し

捜査情報を漏らしたとして

書類送検後

停職6カ月の懲戒処分を受け

辞職しました。

 

「交際が発覚したら

警察官を続けられなくなる。

捜査情報を教えれば

黙っていてくれると思った」とのことです。

 

「asupe」の画像検索結果「大人の発達障害」の画像検索結果

 

これも大人の発達障害なのでしょうか。

 

違いますね。

 

ネットストーカーの蛮勇と 解離性障害 

昨日の

『ネットストーカーの虚言癖もトラウマに』

 

アメーバブログ

公式ハッシュ・タグランキング

解離性障害で

67位 /7585

でした。

 

要するに

どこから見ても

これこそが

THE 解離行動✨ ということなのでしょう。

 

『 二ノ国』いろいろなヌケガラビト(解離性PTSD)

 

流行している

ヌケガラビトの恐ろしさを伝える

シズクですが

 

 

経験者なので

蘇ったので

PTSDについて説明できるまでに

理解できた。

 

過食症のほかに

 

アパシーも

やる気の解離

ひきこもりも

 

勇気の解離

その背後には

治ってはいけないとの思い込み

(病気でいることで

家族がバラバラにならないで済む)

醜貌恐怖も

客観性の解離とも言える。

ヌケガラビト(PTSD)であると

見抜きます。

 

 

『 二ノ国』抑制の 解離で過食症のヌケガラビト

 

過食症の店主の問題を

 

二ノ国に調査に行くと

無意識

過食症の女王がいて

 

 

 

 

執事さんもお困りです。

 

 

ジブリによると

過食症も

流行の「ヌケガラビト」で

PTSD

 

 

 

「抑制」を【解離】しているということだそうです。

 

わかりにくいけど

 

こころのカケラを失うのが

ヌケガラビトで

PTSDの解離状態

失ったカケラによって

症状は百花繚乱となるわけですね。

 

でも

ツボを抑えれば

短時間で治り

 

心の病=ヌケガラビト=PTSD=解離性障害

女王らしく

人々に分け与えるようになり

店主の方も

憑き物が落ちたように元に戻りました。

これがオーソドックスな心理療法というものです。

 

この作品には

他にもいろんなヌケガラビトの症例が出てくるんですよ。

 

PTSD解離消防士(19)オレオレ詐欺未遂でもスピード逮捕の重罪

千葉市の

70歳の男性から

現金1000万円をだまし取ろうとした

「会社から金を借りたが

監査が入ることになった。

返さなければならないので

1000万円貸してほしい」などと電話

東京消防庁深川消防署の

19歳の消防士が

詐欺未遂の疑いで逮捕されました。

 

随分前の流行なので

見破られるリスクが高いし

 

詐欺は立件されやすいというのに

 

「綱渡り」の画像検索結果

 

回り続けねば転落してしまうという不安から

解離し

逮捕されるまで

リスクを犯し続けるのでしょう。

 

 

仮想通貨モナコインを不正入手の高校生(17)「意図してやっていない」PTSD解離性愉快犯

仮想通貨「モナコイン」を

「モナコイン」の画像検索結果

不正入手した

「モナコイン」の口座に

不正にアクセスできるウィルスを仕込んだソフトを作成

大阪府の高校に通う

17歳の少年が

逮捕されました。

 

①作成

②使用

③自慢

 

作成するだけでなく

使ってみたくなり

人に教えたくなってしまったので

バカッター的かも

「バカッター」の画像検索結果

「掲示板に投稿された内容は犯罪ではないか」と

通報があり

発覚しました。

 

少年は

「起きたことは事実ですが

意図してやっていない」と

解離状態のうちに

逮捕されたとの主張をしていますよ。

 

発達障害扱いされないように

無意識のうちに予防線を張っているのでしょう。