カテゴリー別アーカイブ: DV・ストーカー

千葉県八街市がDV被害女性の住所をPTSD解離漏洩2度目

昨年8月

市税を納めに来た元夫が

窓口応対した

納税課の20代男性職員に

「妻の税金も一緒に納めたいので

納税通知書の送付先を確認したい」と申し入れ

職員は

DV支援措置者であることが

表示されるシステムを確認する

本来の手順を怠り

女性の住所を元夫に教えたそうです。

 

職員はすぐにミスに気付き

上司に報告

市はその日のうちに

女性にミスを伝えて謝罪し

一時避難してもらうとともに

次の転居先探しなどを支援したそうですが

 

4年前にも

同じようなことがあったそうで

学習効果がありませんね。

 

 

 

せめて

被害女性へのこころのケアが充分なされますように✨

 

PTSD予防対策は

後手後手ですね。

 

女子アナとホームレスの人たちがストーカー被害でPTSD予防中

TBS「ビビット」で

 

取材を受けたホームレスの人たちが

危険に曝されているそうです。

 

 

当事者に話を聴き

伝えてゆくことは大事なことですが

ホームレスを襲撃する

PTSD解離少年たちに知られると

逃げ場がありません。

 

死の恐怖でしょうから

PTSD発症リスクになりますし

すでに発症している場合は

きついです。

 

女子アナもストーカーに追いかけられて

怖い思いをしているようですから

TV局は

ストーカーについて

私に取材して

しっかり勉強しないとダメですね😜

 

医師の7割にPTSD解離性モンスター患者対応経験アリ

岐阜市の歯科医院で

男性院長が患者の男に刺殺された事件から

1週間経ちましたが

犯行動機は治療を巡る不満のようです。

 

医療現場では

患者やその家族から暴力を振るわれたり

暴言を吐かれたりする例は少なくなく

医師7割がモンスター患者対応経験アリだそうです。

 

 

医療結果が意に沿わないとか

医師の態度が気にくわない

待ち時間が長いとクレームをつけたり

風評被害になるようなことを言いふらしたり

暴力にまで発展するケースも少ないけれども

 

警察に相談したり

民事裁判をかけたりすると

報復も怖いので

ハードルが高いというのは

ネットストーカー被害と一緒ですね。

 

「被害者の瞳に写し取られた加害者の顔」とサイバーストーカー(PTSD性多重人格)の自撮り写真

容疑者が

スマホに大事に保存していた

被害者の写真を

 

「画像に映る撮影...」の画像検索結果

(実物ではなくイメージ写真です)

 

徳島県警鑑識課が解析した結果

写真を撮影した容疑者の姿が

被害者の瞳に映っていることが判明したので

 

鑑識課の

浪花孝一写真係長(43)が

パソコンに向かい

瞳の部分を拡大

画像編集ソフトを駆使して

補正を繰り返し

容疑者であることを

突き止めたそうです。

 

 

サイバーストーカーidthatidの

ゴロツキコメント(SNS連続送信)が

目に余るので

idthatidが

アメブロに貼り付けていた

こんな風な写真を

 

「画像に映る撮影...」の画像検索結果「画像に映る撮影...」の画像検索結果

 

使って批判したところ

 

「自分が撮った写真」だと主張しながら

「写っているのは自分ではない」って

主張し続けています。

 

キツネと名乗って著作権を主張していましたが

実は著作権もないらしいので

(名前と住所がネット公開されたので

慌てて抹消💦)

 

ここに貼って

みんなで考えてもよいのですが

(引用は自由です)

ややこしい相手なのでやめておきます。

PTSD特有の

認知の歪みというものなのでしょうが

 

 

交代人格がいる人間は

おかしなことを平気で言うようになるものですね。

 

無理解に苦しむ「女性サイバーストーカーからの被害男性」もPTSD予防中

昨年12月に

国会で改正ストーカー規制法が成立

SNS上での

執拗なつきまとい行為も

これに適用されるようになりましたが

 

 

ストーカーは男性というイメージがあって

女性ストーカーに悩まされている男性は

理解されにくいそうです。

 

「モテ自慢?」とまで

言われてしまうこともあるのは

DV問題と似てますね。

 

ゴロツキコメントという名のSNS連続送信をしていた

サイバーストーカーは

最近

駅弁祭りさんに粘着しだしましたが

 

「趣味のツイート用で作った

Twitterのサブアカウントで知り合った女性から

つきまとわれています」なんて報告は

驚くほど似ています。

PTSDは

真似る病なんですね。

 

 

「1日で100通以上メッセージが来ることも。

実際に

自宅マンションの駐輪場で

深夜に待たれていたこともあります」というくらいに

エスカレートしてしまうと

今度は

無視して自傷行為をされても困るので

(PTSDですからね)

強く拒絶しにくかったりするそうです。

 

福山雅治さんや草野マサムネさんも

苦労されたんですよね。

 

女性ストーカー特有の

気持ち悪さがあるように思います。

 

10ヶ月待ってでも欲しい「発達障害(PTSD誤診)」ウソ診断の謎

発達障害のある

子どもの診断をしている

医療機関の受診状況を調べた結果

半数以上の機関で

初診までに

3カ月以上待たされていることが

(最長10ヶ月)

わかったそうです。

 

自閉症やアスペルガー症候群

注意欠陥・多動性障害(ADHD)

学習障害(LD)って

 

専門家も

自信をもって

きちんと区別できないから

「広汎性発達障害」「自閉症スペクトラム」って

呼ぶんですよね。

 

「ADHDつくられた」の画像検索結果「ADHDつくられた」の画像検索結果

ADHDは架空の病だったし

何でも病気にしたてあげるDSM5にすら

アスペルガーはないのに。

 

象徴が使えない発達障害が増えてると言っていた

 

 

便乗犯の

箱庭療法学会でも

(全国研修会のPDFをどうぞ)

発達障害研究は下火で

 

「ネット依存症」とか

(私みたいなサイバーストーカー事例研究が最先端だけど)

「木にも象徴性があったよねー」って

(急に休講になるなんて意味深)

研究に移行してますよ。

 

PTSDなら治っちゃうから

どうしても

発達障害にしたくて

待つんでしょうね。

 

 

女子大生宅に侵入した筑波大眼科医(27)はPTSD解離性健忘かアスペルガーか

ストーカー内科医に続いて

昨年9月に

女子大生宅に侵入し

金品を盗もうとした

筑波大学付属病院の医師(27)が

逮捕されましたが

 

「覚えていない」そうです。

 

 

ストーカー医師のように

ジキルとハイドみたいな

多重人格性があるので

 

別人格のしたことは

認めたくないし

そもそも

記憶にないのでしょう。

 

 

 

未解決の

国際ストーカー事件

被害学生もいますから

筑波大は

 

 

倫太郎先生をお招きしたらどうでしょう。

 

「中野区情報システム悪用」わいせつ事件のマイナンバー担当元臨時PTSD解離職員

勤務先の

東京都中野区の

行政情報オンラインシステムで

区内の20代女性の

名前や住所を閲覧

50人のデータから

一人暮らしの女性5人を選び

ベランダ等から侵入した

元臨時職員 (29)が

強制わいせつや盗撮

住居侵入の容疑で

逮捕されました。

 

マイナンバーカードに関する業務を担当していて

個人情報を閲覧するための

IDとパスワードを与えられていたとのことです。

 

前記事の警察組織にしてもそうですが

 

 

PTSDや解離についての配慮がないと

市民生活が脅かされます。

 

警視庁が被害少女の実名をPTSD解離性誤送信で公表

警視庁が

東京都内で確認された

不審者情報などを

登録者に知らせる

防犯メールサービスで

11日に

暴行事件の被害に遭った

少女の実名を

誤って

6545件

配信してしまい

少女の母親に

電話で経緯を説明して

謝罪しました。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

逗子ストーカー殺人事件を思い出します。