朝日新聞『獅子頭』第四十二話  ユング心理学【布置】の実際

空中ブランコからの転落で
舞台恐怖症叫びという
PTSDになった
二順
恐怖症になる直前に
出会った『獅子頭』を
自分のものにするために
料理の道に転向
まっしぐらに
突き進むなか
恋愛ドキドキ
結婚を考えています。
猿のように
木の上を歩けるように
なりたかった時代に
雑技学校で共に励んだ
鬼猫に相談したいと
考えているとき
鬼猫は
留守の二順の宿舎を
尋ね
フィアンセに渡せばいいと
ハンガリー公演で買った
スカーフいていった。
まさに
布置目ですね。
(スカーフ=布)
偶然なんかでは
ありません。

トラウマを回避せず
しっかり向き合っていたら
目に見える交流がなくても
ちゃんと繋がっているんです。
仏教では
縁起と呼ぶのでしょうねハチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です