催眠法の限界

心理療法の源は
宗教や哲学ですが
心理療法と呼べるものの
最初は
【催眠法】です。
催眠法は
瞑想(座禅)を
効率よく行おうとする
ものですから
理論的には完璧ですが
実際には
人間が
暗示をかけるので
セラピストの
人間性が問題になります。
そのために
殆どのものは
依存性や
よくないマインドコントロールという
禍根を残してしまいます。
フロイトやユングも
最初は催眠をしていたのですが
そういうことに気づき
独自の方法を見出したのです。
(外から暗示かけなくても
内に正しい答えありますし…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です