中島みゆき『孤独の肖像』にみるトラウマ表現の変遷

同じ詩(?)だと
思うのですが
歌い方で随分
印象が変わるものですね。
同じこと言っても
こんなに違うとは…
うまく取り込めなかったのですが
このジャケットのバージョンが古いモノダウンです。
(下の曲を聴いた後に選択できます)
PTSD研究家翠雨の日記
そして
数年経ってこうなりましたダウン

心の中の傷は消せないし
消えないとか
二度と傷つきたくないから
誰も愛せなくなるとか
暗闇の中
手探りで歩き出したとか
トラウマの説明
そのものですね。
また最初の激しさを取り戻したり
ブレをくりかえしながら
変容してゆくのでしょう。
ってことは
ブレもエネルギーになること
あるんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です