『十牛図』第一図【喪失感】と愛子さまPTSD

ヒステリーを
簡単に説明するのに
便利なキーワードは

ドクロ【失】ドクロ

失立アメーバ骨が折れてるわけでもないのに立てません
失歩アメーバ足が痛いわけでもないのに歩けません
失声アメーバ美智子さまが罹患されました

究極は
失神アメーバマリーアントワネットの時代の女性よく転倒しますねひらめき電球

神を失うと書きますね。

神経の神
でもありますが

心が神なんですね。

自己実現のメカニズムを
端的に示した
『十牛図』の

第一図は『尋牛』ですダウン

PTSD研究家翠雨の日記

飼ってた牛
(本当の自分)がいなくなって
心細い思いで
探し始めた青年の姿です。

説明のなかの一節に
『力尽き疲れてもとむるに処無し』と
あります。

PTSD理論からすると

自己実現の最初は
『解離』からですね。

瀕死の状態で
しかも
何をどうしてよいのか
わからない

困った状況が
自己実現のパスポートです。

パスポート取得から
出国までが長すぎるのが
ちょっと辛いです。

学校に行けなかったり
公務ができなくなったりしたら

わがまま扱いされて
家にいるのも辛くなるような
誹謗中傷を受けます。

皇室の方にして
こんな状態の日本ですから

国民は辛いですよ。

とりあえず
愛子さまだけは
【PTSD】とする
切羽詰った状況が
ありました。

PTSD研究家翠雨の日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です