発達障害に覚せい剤?!がん末期の疼痛さえ坐禅で緩和しようとするのに…

うつ病って
ちょっと
 ―精神分析で指摘されてますが
  日本人(翠雨の両親と祖父母は
      これでも日本人です)の
  ちょっと(一寸 いっすん)は
  大分と訳す必要があります。
  一寸ってたしかに結構長いですよ!
  
ヘン!

新聞の本屋さんの広告では
心理学らしい本は消え
【発達障害】の療育の本も増えてます。

療育って
分かりますか?
治らないけど
療育手帳もらって
国に保護してもらいながら
(あんまり頼りにならないけど)
病気と仲良くしましょうって
ことですよ!

それでも
前途ある子どもに
過酷な話なのに

薬漬けになってる子もいます。

うつ病で
バンバン投薬するのに
麻痺して
子どもにも平気になったのでしょうか?
(精神科医はPTSDだ。
 治せないショックがトラウマだ)

がんの末期
もう治らない
疼痛緩和のために
モルヒネ使うのは

いたし方がないこと。
 ―それとて坐禅とかの瞑想法で
  モルヒネの量を減らし
  死期を遅らせるこころみが
  あるというのに…

子どもに
覚せい剤ですか…

あきれてモノが言えません。

学生さんは
板書しなくても
薬の名前しっかりメモしてましたよ。

身近に【発達障害】を知っているのだと
思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です