発達障害増加の原因としてのギリシア神話エディプス王の悲劇

フロイトは
『ギリシア悲劇』に
普遍的な
人間の不幸を見出しました。
幸せになろうとしているのに
無意識のワナに引っかかって
不幸街道をバクシンしてしまう。
『エディプス王の物語』では
主人公は
自分のトラウマに対応できず
最悪の不幸に見舞われ
自ら両目をつぶし
盲目となって

さまよいます。
子供時代から
温めているトラウマは
その人が
自分の頭で考え
自分の心で判断する
そういう心の目をつぶし

かわいいわが子を【発達障害】と見て
さまよいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です