米軍帰還兵のPTSD研究2010④ 麻薬系はやはり拒否される傾向

エクスタシーの主成分である
メチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA)も
 ―押尾事件で普通の人も
  名前覚えましたね!

退役軍人21人の研究において良い結果が出て
注目を集めたが

この研究を支援した
幻覚剤学際研究学会(MAPS)によると
退役軍人管理局は今のところ
将来的な共同研究を拒んでいる。

   ―米麻薬取締局(DEA)は2004年
    PTSD治療にMDMAを使う臨床試験を
    許可している。

アメリカの研究者には
まだ
良心があるようですね。

こういう点を真似しなくてはなりません。

リ★リ★の前例
コン★ータの今

恐ろしい日本の現状には
目を覆うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です