PTSDの箱庭療法とキトラ四神壁画の関係

PTSD研究家翠雨の日記

キトラ古墳壁画の四神の1つ
「朱雀」に見入る子どもたちです。

南を守るの神様です。
伝統を守る火でもあります。

自分たちと古代人の
たましいをつなぐ糸を
子どもたちが
凝視しています。

明日香で
公開されてますよ。

箱庭療法で使う
箱庭って
ちょうどこのくらいの
大きさなんですよ。

「うわぁ大きいね」
「でもこれくらいがいい」

って
目を輝かせながら
制作しますよ。

自分の【世界】の表現
PTSDにより痛められた
自分の【世界】の変容

このくらいの大きさの
場所で行われるんです。

西洋風ではなく
東洋風ですよ。

四方向の壁に神獣がいる世界です。
陰陽五行説の世界観です。

人魚姫ではなくて
ポニョの海です。

華厳の海ですよ。

壮大な視点からみたら
かぐやひめは
わがままじゃないんです。

だから薬漬けにしたり
上から目線で適応させるんじゃなくて
お話を聴いてさしあげなくては
ならないんです。

ここのところを間違う人
今、凄く多いんですひらめき電球

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です