『クレイジー・ハート』傷ついた心が歌う愛

落ちぶれたカントリー・シンガーの
話です。

サブタイトルは
傷ついた者にしか
歌えない愛がある。

酒に溺れ、結婚にも失敗し
才能がありながら
成功とはほど遠い音楽人生を歩んできた初老ミュージシャンが
彼に興味を抱いた
女性ジャーナリストとの出会いを
きっかけに再起を図る姿を
ユーモアとペーソスを織り交ぜ
感動的に綴られているそうです。

PTSD研究家翠雨の日記

傷つきがトラウマとなり
いろんな依存症を生むことは
だんだん常識になってきましたね。

問題は
どう克服するかです。

平成の
臨床心理学事例研究学習は
大学から映画館へ
移行するのかな?

『クレイジー・ハート』傷ついた心が歌う愛」への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です