古代の風水キトラ古墳

風水に懲りだすと

黄色い財布もったり

髪を金髪にしたり
また逆にあれはいけないと
言ったり

北にある台所を
他の方向に改築したり

子どもの結婚式の日に
こだわったり…

553頃
大陸から
陰陽五行説がわが国に
やってきました。

その壮大な哲学に圧倒された
日本人は
陰陽五行の法則を
生活の隅々にまで
あてはめました。

国技の
大相撲なんて
その典型でしょう。
土俵(黄色 土気)が中心で
天井の屋根には
東に青房 (木気)
南に赤房 (火気)
北に黒房 (水気)
西に白房 (金気)

お寺も同じのを使ってます。

日本人って
昔から凝り性なんですね。

厳密に言うと
無意識的に
PTSD予防の必要があったから
なんですがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です