森田療法のあるがままとPTSD

日本独自の短期入院療法で
トラウマに対し
【煩悶即解脱】を目指します。
  ―かなり苦しい療法だと
   想像してます。
考案者
森田正馬は言います。
神経症に罹る人は
考えても仕方がないことに
こだわったりする傾向
がある。
  ―もちろんトラウマの否認はいけませんよ。
   森田さんはPTSDを知らない時代の人ですし
   無理に抑圧しろとは言ってませんから…
嫌いな人がいるのは
健常者でも同じ
蛇が嫌いでもかまわないし
無理に好きになろうとすると
ストレスになる。
健常者にも認められるような
こういったことを
神経症の人のこころは
真面目で固いから
克服しようとする。
彼のいう【あるがまま】は
禅風のもので
そういう意味です。
あるがままにした方が
予後がいいのは
確かでしょう。
PTSD克服は
課題満載なので
余計なことは
振り払いましょう!
(それが難しいのだと
 お叱りをうけそうですがあせる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です