見学者1万人を超えた四神降臨にみる陰陽五行説とPTSD

奈良県明日香村
キトラ古墳
(特別史跡)の来場者は

昨日1万人を
超えたそうです。

玄武 北
白虎 西
青龍 東
朱雀 南

高松塚古墳には
女性群像が描かれていますね。

かたや四神
かたや女性像

みかけはまったく違いますが
どちらも陰陽五行説による
あてはめなんですよ。
(今で言う風水みたいな
 扱いでしょうか)

話はぜんぜん違うようですが…

アルコール中毒も
薬物中毒も
依存症
【否認】の病

無差別殺人も
列車飛び込み自殺も
【解離】の結果

高松塚の劣化にショックを受け
倒れた河合隼雄の死因は
【急性ストレス障害】

みな【PTSD】です。

古墳を作った人達は
PTSDを知っていたから
PTSDにならなかった。
PTSDを知らなかったり
否認しようとすると
PTSDの餌食になります。

シンプルですね。
陰陽五行の法則は
仏の掌みたいなもの

そこに置けば
なんでも説明がつく
中国古代哲学なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です