30年前に消えた神経衰弱とPTSD

トランプゲームの
名前にもありますが…

記憶力を試されますから
結構気力が必要で

まさに精神を消耗します。

その消耗感を
さらに強く慢性的にしたものを
指します。

   ―厳密には指してました。

何をしてもしんどいし
何もしたくないし
また
何もできない

ぼーっとしてるから
怠惰と間違われる。

こんな症状の人増えてますが

DSMⅢ(1980)で
カットされました。
(今はⅣです)

森田神経症もこれに含まれた
そうですが
研究者がほとんどいませんし
そちらからの指摘も
聞きません。

うつ病か
慢性疲労症候群か
仮病か

先天性の問題か
ウイルス性か
しつけの問題か…

このあたりで
選ぶしかなくなったのが

悲劇の始まりです。

皇室は日本の象徴です。

PTSDの方も
トラウマ関連の記憶との
葛藤で神経をすり減らして

いるんですがね。

そもそも
ヒステリー
(PTSD)研究のなかで
生まれた言葉ですし。

精神分析が生まれたころのように
真摯に傾聴するだけでも
軽いものなら
症状は半分になるのにね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です