『グーグーだって猫である』とPTSD

漫画家・大島弓子の自伝的エッセイ漫画
だそうです。
PTSD研究家翠雨の日記

あらすじはダウン

愛猫サバを亡くした
女性漫画家の麻子は

悲しみで
漫画を描けなくなってしまう。

  ―PTSDです!

ナオミらアシスタントも
心配で仕方がない。
  ―「先生認知症だ」なんて
    失礼なこと言う人いません。

そんなある日
麻子は小さな子猫と出会う。
  ―象徴的な意味で
   出会うべき自分でしょう。
   外に見つけるのは【共時性】です。
   何にも考えず
   仲良くしたらいいのですが
   悲しきかな一言居士…汗

グーグーと名付けたその子猫と
暮らしはじめて
麻子の日常は一変
元気な表情が戻ってきた。
 
暫くして
グーグーの避妊手術のために
動物病院に向かうが
その途中
グーグーが逃げ出してしまう。
 ―禅では牛が逃げます!
  (十牛図)

必死で探す麻子を助けてくれたのは
近所に住む青年・沢村だった。

偶然であった猫と
きちんと対面できたら
助けてくれる人間にも
出会うのでしょうね!

『わらしべ長者』も
ちょっと入ってます。

特別なものでなくても
身近なものを大事に貫き通せば
いいんじゃないかなニコニコ

0 thoughts on “『グーグーだって猫である』とPTSD

  1. てぃあ

    SECRET: 0
    PASS:
    ☆^^

    あ‥。

    わたしの身近なこと=世の中の少数派で【特別】がられること

    かも知れません!

    ってことは‥。

    また先を夜考えます♪

    なんかどんどんモヤが晴れていきます。

    o(^-^)o

    もっと思考回路に柔軟さが必要ですネ‥。

    ってはじめて思考回路の柔軟さと言うものがわかったんですけど^^

    とても今のわたしに参考になりました☆

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です