上原まりさんの母阪神大震災による認知症様PTSD

琵琶奏者の
上原まりさんが書いてます。

1995年の震災で
神戸の実家にいた母親が
被災し

よほどショックだったのか

そのうち
認知症の症状が出始めたそうです。
 ―ショック(心因)からですから
  PTSDですね。

介護のため
東京と神戸を行き来しながら
仕事を両立させてたら
ご自身も少しおかしくなってきて

作曲してても
音が頭に浮かばず

演奏にも支障がでたそうです。

「私はもうだめになる」とさえ
思われたそうです。
 ―これも心因反応ですね。

そんなときに瀬戸内寂聴さんに出会われ
『源氏物語』と『平家物語』の
二本立てでやっていくように
なりました。

絶望がチャンス
しかも【一太極二陰陽】
パワフルな起死回生です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です