やっぱり出た…『更年期少女』と軽症PTSD

PTSD研究家翠雨の日記

一気読みできる本らしいですよ。

ファンクラブやサークルなど
人が集まる場所に出没する
そうです。
 ―ひきこもりタイプ(内向)ではなく
 ヒステリータイプ(外向)ですね。

その確執があまりにリアルすぎて
胃が痛くなるとの指摘もあります。
 ―スマートではないんです。
 トラウマも歩けば人にくってかかる!です。

理性というストッパーがはずれた
おばさんたちの暴走とは
病理と迷惑のボーター上にある
【解離】にほかなりません。

経済的問題や
介護や家庭不和など
それなりに重い荷物を背負い
年相応に!と
型に嵌められる人達の
プロテストだそうです。
 ―プロテスタントの信者は団結しましたが
 平成日本の更年期少女はバラバラ
 トラウマを真ん中にした中空構造です。
  (中空構造は
   PTSD死した心理学者の流行らせたキーワード)
 
軽症仮面更年期
(実態軽症PTSD)の多さに
気が遠くなっていましたが、

書評読んだだけで
救われました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です