児童虐待告発『ローラ叫んでごらん』の頃には常識だったPTSD理論

PTSD研究家翠雨の日記

ローラの両親は
「泣き声がうるさい」と言って
1歳のローラをフライパンで焼きました。

一命をとりとめたローラは
知的障害児として施設に送られますが

他者への恐怖と絶望から
言葉を発することができません
でした。

12歳のローラが
臨床精神科医の著者とめぐりあい
運命は新たなる道を
辿りはじめました。

ローラの自己実現は
フィクションであるとする立場も
あるようですが

虐待というトラウマが
PTSDとなり
発達障害や
情緒障害を生むことが

この本の出版時には
当たり前に捉えられていました。

そしてトラウマを理解することで
自己実現すること自体は

今でもノンフィクションです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です