大阪で24歳噛む虐待両親逮捕されたインナーチャイルド

虐待事件ばかりで
長らく取り上げてませんでしたが… 
 ―慣れはいけないことですね。

この虐待には
取り上げさせる更新内容がありました。
 ―この態度がいけない…しょぼん

当時ゼロ歳長女への
頭蓋骨折
肋骨に複数の骨折
左目内出血
ほおの噛みあと
低体重
肝機能障害

24歳の両親は虐待を【否認】し
「ちょっと乱暴に扱ったかも」
「風呂場でコケた」
「小食だから痩せてる」等と
【合理化】機制も使っています。

世の中は素晴らしいと
無条件に学習すべき
 ―後でそうでないことを
  痛いほど知りますが
  とりあえずは刷り込むことが
  大事なんですよねニコニコ

この大事な一年の間に

ひどいトラウマが記憶に
刻まれて
しまいました。

物心つく前ですから
トラウマを言葉で語ることは
できません。

トラウマを受けたことも
気づかないかもしれません。

自分でも
『なんか変だ…』

そして人からも
「あなた変!」とバッシングされる日が来ることが
目に見えています。
 ―私は霊能者ではありません。

1月に
乳児院で保護され
身体疾患は回復したようですが
(上から指導でない
 イメージを使った)
こころのケアと
(遠くからの気づかれないような)
長期的な経過観察を希望します。

噛むのは
フロイト精神分析によれば
【口唇後期】に
【固着】(こなすべき発達課題が未消化)があるために
【退行】したものです。
  ―要するに充分甘えずに成人した二人です。

子どもを育てるのにあたって
傷ついたインナーチャイルドに
ぶつかってしまったのでしょう。

子どもの扱いが分からないから
虐待するのではないと思います。

傷ついたインナーチャイルドに
気を取られ
【解離】
してしまうのだと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です