千葉県教委2教諭わいせつで懲戒処分のPTSD

一人目は
37歳男性教諭で

インターネットで知り合った人物に
少年2人を紹介され
18歳未満と知りながら
「男に1万円を払いやった。
抑制力がなかった。
教育者として申し訳ない」と
話しています。

【解離】に言及してますね。

二人目は
40代女性教諭で
勤務する高校の1年男子生徒に
計657通のメールを送り
自家用車に乗せたり食事に行き
深夜保護者の許可なく
生徒と会っています。
生徒は今年1月進路変更を理由に退学
女性教諭は
生徒にコントロールされ
要求を断ると
何をされるかわからず
やった。
自分は
強制わいせつの被害者」と
話しています。

これは【否認】ですね。

さすが教育者
悪事を説明するにも
無意識的な
教育的配慮があります。

反面教師にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です