広島市民病院救急外来副部長現行犯逮捕とPTSD

昨日
40歳の
広島市民病院救急診療部副部長が
逮捕されました。

市内の駐車場で
自動精算機で支払いをしていた
女性(19)のスカート内を
デジタルカメラで撮影したとして

広島県迷惑防止条例
(卑わいな行為の禁止)違反の疑いでの
現行犯逮捕です。

カメラは
レンズの穴を開けた
ビニール袋で覆っていたようですが
近くにいた女性の知人男性が
背後から撮影したことに気づき
取り押さえたそうです。

稚拙な科学者ですね。

救急外来といえば

PTSDになりそうな重傷者も
すでにPTSDに罹患した人の
苦し紛れの結果にも
対応しなければならない

ハードな場所です。

ショックから
PTSDによる解離を
起こしても不思議はない
職場ですし

もともと
PTSDに罹患しており
無意識の志向性が
一瞬の判断で眼の前にある危機に始末を
つけ続けるこの作業により
自身のトラウマ回避を
させようとして
この職を選ばせたのかも
しれません。

DVシェルターでは
救急外来の医者によるDVに
苦しむ女性もいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です