患者を鎖から解放したピネル以前に逆戻りの精神科医療

PTSD研究家翠雨の日記
フィリップ・ピネルフィリップ・ピネル
(Philippe Pinel, 1745年4月20日 – 1826年10月25日)は

フランスの精神科医です。

もともとは
神学を学んでいたようですが
 ―これも大事なのだと思いますドキドキ

1785年に
親友が急性の精神系疾患に
なったのをきっかけに
医学に転向し

精神病院の元患者であり
後に同院の監護人となった
ジャン=バティスト・ピュサンの
影響を受けながら

閉鎖病棟で鎖につながれている
精神神経症患者を
鎖から開放しました。

ピネルの医療は
「心理学的精神理学的療法」に代表される
純粋に人道的な
心理学的臨床を重んじる
精神理学医療
でした。

「薬の過剰投与」を廃し
人道的な精神理学療法によって
薬物療法の過度依存を戒め

患者の人権を重視し
治験ではなく
臨床による
心理学的な温かみのある
理学療法を重んじたので
人道的精神医学の創設者となり
フランスの人道医療の魁と
なりました。

現在の
精神科医療には
見えない鎖がありますね。

ピネル以前ですガーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です