古典落語『くしゃみ講釈』にみるトラウマによる怒りと記憶障害

講釈師に
恋路を邪魔された
悔しさ残念さ恥ずかしさの
コンプレックスから
怒り心頭の男
すぐに仕返しをと
考えますが
分別のある男に
それでは
営業妨害で逮捕されるよと
諭され
講釈場で
こしょうをくすべ
くしゃみで
話すことができないように
させることにします。
そのために
①八百屋で
②2銭分の
③胡椒  を
買いに行くのですが…
胡椒を手に入れるための
たったこの3つが
覚えられない
のです。
(普通は半ば無意識的に
頭に入ると思いますが)
昔から
物覚えは悪かったようですが
ちいさな領域しかない
意識の場が
怒りに覆われてしまって
いるからでしょう。
トラウマの否認から
怒りの段階に進歩しても
まだまだ
記憶の障害や
現実検討能力
適応性への
トラウマの介入は
相当なものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です