新潟村上葡萄でのバラバラ死体遺棄事件とPTSD

新潟県村上市蒲萄(ぶどう)の
国道7号脇にある
車のUターン場所の側溝に

人間の両脚があるのを
車で通りかかった
神奈川県の男性会社員(58)が見つけ
110番しました。

両脚はひざ付近で
切断されており
側溝に沿って平行に並んでいた
そうです。

猟奇的な事件ですね。

プロの殺し屋でない人間による
バラバラ殺人の増加にも

国民がすぐ慣れてしまうから
(なぜ慣れるのだ!パンチ!

猟奇度が増します。
加害者が社会復帰した
神戸の事件を彷彿とさせます。

犯人は何もそんなつもりではなく
【解離】により
統合失調症の【させられ体験】さながらの
マリオネット
になってしまった
だけなのでしょうが

C.G,ユングのいう【集合的無意識】
西田幾多郎の【歴史的身体】という名の

人類の記憶
不思議なバランス感覚を
もっているように
感じます。

日本では
「神のはからい」とは言いません。
すべてはこころが創りだした
不始末です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です