L・ローハンにアルコール依存症監視ブレスレット着用を命じる米国と日本のPTSD意識

PTSD研究家翠雨の日記

2007年の飲酒運転の罪での
保護観察下で
アルコール依存症の治療コースを
受講するように命じられていたが
出席しなかった
として

当地の裁判所は
命令の期日に出廷しなかった
米女優・歌手の
リンジー・ローハンさん(23)に対して

飲酒をモニターするブレスレット
着用と当地での抜き打ちの
アルコール検査を受けることを
命じました。

説明のために裁判所に出向くよう
要請
されていたが
カンヌ国際映画祭参加のために
滞在していたフランスで
パスポートを盗まれたとして
出廷しなかったようです。

アメリカを賞賛するつもりは
さらさらないですが

見習うべきところは
PTSDに関する知識と受容と
研究しようとする姿勢と
対策への意欲です。

まだまだ発展途上とはいえ
日本の学会とは雲泥の差ですむっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です